ウエストコーストジャズのチェット・ベイカーChet Baker魅力の考察

「ラックスマン製真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット」でJAZZを聴く

MT管をRCA12AU7クリアトップ管交換して聴くが、いまいち音がシャッキとしない?思った様

な音がでない?スピーカーとの相性の問題なのかも知れない。今回のプリメインアンプはまあ一

口に言えば真空管ラインアンプ(ハイブリッド)と行った感じのアンプなんです。

拙宅の(AXIOM80 TANNOY)にはどうやらJAZZ系統も含め欧州管が相性は良く感じる、勿論

Telefunken ECC82も良いが在庫の多いSIEMENSをメインに使用してみた、勿論はじめは、歯

磨き粉を歯ブラシに付けよく磨きプリ管の足の部分を磨きその後水洗い自然乾燥して最後に接点

回復剤を塗り取り付ける。スプレーを綿棒に塗布し綿棒を足の部分によく擦り付ける。

在庫のSIEMENS ECC82に交換すると引き締まっった音に変わり、低域もスッキリする当分はこ

のSIEMENS ECC82で固定して聴いてみよう。ちなみに新規のSIEMENS ECC81は試して無い

聴きながら以前使用した石のパワーアンプに繋ぎ聴いて見る、全体的に音が固く、打楽器、金管

楽器等の演奏には特に不満はないが、弦楽器、ヴォーガルの音が違う、腹の中から喉につながる

音でなく、口先で歌っているように感じる、真空管ラインアンプでもその違いが明らかである、

将来は程度の良い火屋のパワーアンプが必需品になるであろう?

オールドタンノイを鳴らす、難しさを痛感した。TANNOYにはやはり真空管が正解かも知れない。

特にジャズのウットベースの余韻等は圧倒的に真空管に軍配が上がる、ソリッドステートの音に

慣れてしまえばそれまでだが、球の匂いを嗅いでしまうと聴こえる音が違ってくる。筆者のサブ

スピーカーKEFに接続し試聴するが、(AXIOM80 TANNOY)の音が違いがよく分かる。

このプリメインアンプは3W3Wでの出力を考えるとJAZZの激しい音の再現は最初から無理だが、

ボリュームは適度に絞り聴けば十分スイングジャズ程度は、ドラムも余すこと無く鳴ってくれる、

ベースの低音の余韻がしっかり自然に響く、石のアンプの違いに唖然とする。

如何にに優秀なアンプであろうとアキュレットな聴き方をすれば不満もでるが、音楽の楽しさの雰

囲気を味わうなら此の程度で十分満足できそうである。

最近火屋のアンプメーカー中華製等も多くなったことは実感するが、程度の良い真空管はあまりに

も高額である。特にビンテージのWE300B等は100万の価格が表記されて、WE300Bも復活して販

売を予定するなどのニュースで報じられている。

少し最近懐古趣味の傾向が現れているように感じるが、昔筆者が50年前(1960年台)あたりに

夢中で聴いてたバリトンサックス奏者のジェリ・マリガンと共演したチェット・ベイカー1952

年ピアノレスのジェリ・マリガンカルテットに加入し型破りの演奏で話題になり「マイ・ファニ

ー・ヴァレンタイン」のヴォーガルでヒットした。

チェットの代表曲の1つであり、同楽曲の代表的カヴァーの1つでもある。このチェットの歌い方

にジョアン・ジルベルトが影響され、ボサノヴァ誕生の一因となったと言われている。

筆者もボサノヴァ好きのルーツのように思える。

聴けば納得するがCHET BAKER & CREWのリズムセッションは今聞いても新鮮でオシャレ感漂い、

実にファンキーでアバンギャルドな仕上がりに驚く。

「チェットベイカー&クルー」というアルバムも聞いてみてはどうでしょう。

チェット・ベイカーのアルバムはヴォーカルとトランペットの両方を聴かせる作品が多いが、

これは一切歌はなし、全編トランペットに徹したインストゥルメンタル作品だが良い演奏だ。

一応ウエスト・コースト・ジャズの範疇に入れていい演奏だが、ボビー・ティモンズの参加に

よって、ウエストらしからぬたくましいサウンドになっている。

Chet Baker Quintet – Revelation

CHET BAKER & CREW (Pacific Jazz)

– Chet Baker

1.To Mickey’s Memory

2.Slightly Above Moderate

3.Halema

4.Revelation

5.Something For Liza

6.Lucius Lu

7.Worrying The Life Out Of Me

8.Medium Rock

Chet Baker (tp)

Phil Urso (ts)

Bobby Timmons (p)

Jimmy Bond (b)

Peter Littman (ds)

Bill Loughbrough (chromatic tympani)

1956/07/24,25,3

最近、今の10-20代がなぜボサノヴァがダサいと感じるのかといえば、以前はちょっと意識高い系

のカフェのみで流れていたボサノヴァという音楽が、ちょっとオシャレな雰囲気を出したいお店は

有線でボサノヴァチャンネルを流すというのがオシャレの様式美と化してしまったからです。

同じ現象はちょっとオシャレな雰囲気を醸し出したいダイニングバー、居酒屋、焼肉屋などがBe

Bopかウエストコーストジャズを流すという、いわゆる「魚民ジャズ」現象ですかね?思うに今後は

ウエストコーストジャズのチェット・ベイカー辺りが再燃するのかも知れない?

ここでチェット・ベイカーのプロフィールの紹介です、

19291223日、米オクラホマ州エール生まれのジャズ・トランペッター/ヴォーカリスト。本名

はチェスニー・ヘンリー・ベイカー・ジュニア。スウィートかつクールな音楽性を形成し、50年代の

前半、ウエスト・コースト・ジャズの全盛期に米西海岸でスターとなる。その後は、ドラッグにおぼ

れながら典型的な破滅型芸術家としての放浪の生涯を送るが、自己の音楽性を頑固一徹に追求したそ

の生き様は、ジャズメンのプライドに満ちたものであった。

88513日、オランダのホテルで謎の転落死。享年58歳。

チェットの代表曲の1つであり、同楽曲の代表的カヴァーの1つでもある。このチェットの歌い方にジ

ョアン・ジルベルトが影響され、ボサノヴァ誕生の一因となったと言われている。優しくて中性的な

声が魅力のチェットベイカー。この歌い方には、ボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルトが影響され

たと言われています。

1956年1月1日リリースとあるが今聴いても新鮮な作品です。

チェット・ベイカー最大のヒット作。シンガーとして魅力あるチェットが残したヴォーカル・アル

バムの傑作。中性的でアンニュイなムードが絶妙。最も有名なジャズ・ヴォーカル・アルバムの一

つです。大人気ラヴ・ソング「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」の決定版が収録されていること

で有名。ウエスト・コースト・ジャズ全盛時代の作品で、トランペット奏者/シンガーのチェット

・ベイカーは当時ウエスト・コーストのヒーローでした。録音にはピアノのラス・フリーマンなど

ベイカー・カルテットのメンバーが参加。チェットのクール&ロマンティックな歌と演奏が収録さ

れています。ジャズ・ヴォーカル・アルバム名盤中の名盤。決して上手くはないものの、けだるく、哀

愁漂う彼のヴォーカルとトランペットがあまりにもムーディーな1枚、トランペッターであり、とて

も魅力的なシンガーでもあるチェット・ベイガ-「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」をはじめ、彼

が歌う名曲の数々、あの甘ーい歌声に女性なら絶対惚れてしまいますよ(笑)

Chet Baker. Sings 

1.ザット・オールド・フィーリング (MONO)

2.イッツ・オールウェイズ・ユー (MONO)

3.ライク・サムワン・イン・ラヴ (MONO)

4.マイ・アイディアル (MONO)

5.アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォア (MONO)

6.マイ・バディ (MONO)

7.バット・ノット・フォー・ミー (MONO)

8.タイム・アフター・タイム (MONO)00:02:47

9.アイ・ゲット・アロング・ウィズアウト・ユー・ヴェリー・ウェル (MONO)

10.マイ・ファニー・ヴァレンタイン (MONO)

チェット・ベイカー・シングス / チェット・ベイカー

11.ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー (MONO)

12.ザ・スリル・イズ・ゴーン (MONO)

13.アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー (MONO)

14.ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング (MONO)

筆者も共感出来る記事があるので引用させていただきます。

「やっぱりチェット・ベイカーと言えばT”ですよね。個人的にはジェームズ・ディーンよりも似

合っていると思います。本当にサラッと着こなしていて、気負った感じがないところがいい。いま見

ても古臭さをまったく感じさせないし、都会的ですらあるのが不思議です」そう語るのは、スタイリ

ストの島津由行氏、ファッションはもちろん、音楽をはじめとした様々なカルチャーに精通した粋人

だ。そんな島津氏が、続けてこう語る。「ジェームズ・ディーンは意外にぽっちゃりして腹も少し出

ているのですが、チェットは無駄のない筋肉質な身体をしていた。そこも、チェットのTのかっこ

よさに影響していますね。このTシャツの製造元はBVDという線も捨てがたいのですが、チェットが

愛用した白Tもジェームズ・ディーンと同じくヘインズであった可能性が高いでしょう」

そういえば日本にも白のTシャツの似合った男がいたようです、其の名は白洲次郎。戦後、吉田茂首相に

請われてGHQとの折衝にあたるが、GHQ側の印象は「従順ならざる唯一の日本人」高官にケンブリッジ

仕込みの英語をほめられると、返す刀で「あなたの英語も、もう少し勉強なさ彼は近現代日本史の中で最

もブラックジョークを巧みに使いこなした人です。

勿論当時はヘインズのTシャツは進駐軍のPXで販売していたと記憶する。昔まだパスポート必要の頃、沖

縄に行ったとき、初めてヘインズのTシャツ(勿論下着)を購入し感激した。

筆者は未だにボタンダウンのシャツと、白のTシャツは定番です。

クラクストンが若き日のチェットを撮影した写真集“Young Chet”に収められた回想文によると、

チェットは「カメラの前でどのように動き、何をすればいいのか、どの角度が一番良い光を捉える

ことができるかまで、本能的に知っているかのようだった」と語り、「フォトジェニックそのもの

であった」とさえ書き記している。チェット・ベイカー聴くとなんとなくノスタルジックになる、

ボサノヴァにも影響をした独特のリズムは実に洒落っ気がありのんびりした休日には、ブラボー!

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/yk1231yk/e/6e1dd0fbcfe36762c909f75abdb9beda