デモブース設営をして来ました

 

第24回真空管オーディオフェアのデモブースを設営して来ました。

今年は、Audifill代表のカノン5Dさんが、当社の6cmフルレンジ(F60A)を使った2wayスピーカー(Concept-SOLA)を出展して下さるので、会場設営を手伝って下さいました。

背後の音響拡散装置もカノンさんが持って来て下さり、良い効果が得られました。スピーカーを壁面に近づけても、問題なく空間が出ます。

今回は照明にもこだわりました。落ち着いた雰囲気で、じっくりとお聴きいただければと思います。

ところで小型2機種(Evangelist-061とConcept-SOLA)は、見た目に似合わない低音と音量が出ますが、基本的にニアフィールドスピーカーなので、ご関心の方は是非一番前の椅子を陣取って下さい。

Jupiter-132は僅か13cmのウーファーですが、大部屋でもリアルに朗々となりますし、マッシヴな低音も来場者の度肝を抜くと思います。ファイナルバージョンにした甲斐がありました。 空間再現も異次元クラスで、これはカノンさんの音響拡散装置のご利益もあるようです。

こちらは、Evangelist-061の色見本展示のコーナー。カワイイでしょう。(^^

 

こちらは、当社の要素技術の展示コーナーです。フローティングマウントのカットモデルもあります。

明日と明後日は天気も良いようですので、是非ご来場下さい。製品カタログも沢山用意してお待ちしております。

それでは、会場でお会いできるのを楽しみにしております。^^)/

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ac-audio/e/87d113e4816a3e1f6e3d55791122e801