中型トールボーイスピーカーの使いこなし vol.1


現在当社アウトレットモールにおいて

昨年末に行った乗り換えキャンペーンで返却された商品の中で

程度の良いものをメンテナンスを行い販売しています。

実はもっとたくさんあったのですが、

ご予約の方や身内での取り合いでずいぶん減ってしまいました。

『ご予約』ってなんだ?と思われるでしょうが、

例えば、以前にpow62というパワーアンプを買ったのだが

セットになるプリアンプが欲しい!というようなお客様から

キャンペーンで入ったら販売してほしいというような依頼があります。

乗り換えキャンペーンは今後も行いますので

『ご予約』をご希望のお客様は eigyou@musika.jp までご連絡ください。

また、アウトレット品をカスタマイズすることも可能ですのでご相談ください。

さて、本題の『中型トールボーイスピーカーの使いこなし』ですが、

1月26日のイベントは『ニューイヤー・レコード・コンサート』のために

ドイツ・クアドラル社のRODAN(ペア100万円)がやってきました。

3WAYですが、実際にはリボンツィーターと15.5cmウーハーの2WAYに

同じ15.5cmウーハー2発をサブウーハーとして使用しているスタイルです。

周波数特性は28Hz~65KHzで能率は86dBです。

外形寸法は、高さ99cm、幅22cm、奥行35cmです。

トールボーイスピーカーは置きっぱなしという方が多いと思いますが

まずは設置場所から考えてみたいと思います。

次回に続きます。

《《 新カタログ 》》

時計事業部のカタログが新しくなりました

《《 プレゼントキャンペーンのご案内 》》

2018年11月1日~2019年1月31日までに当社直営店でお買い求めいただいた合計が8万円(税込)を

超えたお客様にロシア製軍用機械時計をプレゼント。

(オーディオ事業部、時計事業部両方の商品が対象です)

カタログにある5種の中から1ケお選びいただけます。

キャンペーンの適用をご希望のお客様は2019年2月15日までに

①お買い求めいただいた製品名と価格

②お名前

③プレゼント品の発送先のご住所・郵便番号・電話番号

④ご希望の時計の型名

をご記入の上eigyou@musika.jpまでお申込ください。

プレゼント品はキャンペーン締め切り後1ケ月程度でお届けします。

《《 1月のイベントは『ニューイヤー・レコード・コンサート』です 》》

2019年1月26日(土)午前の部10:00~ 午後の部13:30~

入場無料で事前申し込みも必要ありません。

プログラム(前半)

(1)ベーム / ウィーンフィル 雷鳴と電光 1971年

(2)ベーム / ウィーンフィル 美しく青きドナウ 1971年

(3)クナッパーツブッシュ / ウィーンフィル アンネンポルカ 1957年

(4)ボスコフスキー / ウィーンフィル ウィーンの森の物語 1962年

(5)カラヤン / ウィーンフィル 春の声 1987年

(6)カラヤン / ウィーンフィル ラデツキーマーチ 1987年

プログラム(後半)

(1)オフコース 僕らの時代 1980年

(2)オフコース Yes-No 1980年

(3)松任谷由実 SWEET DREAMS 1987年

(4)松任谷由実 SATURDAY NIGHT ZOMBIES 1987年

(5)松田聖子 ピンクのモーツァルト 1984年

(6)松田聖子 ハートのイヤリング 1984年

(7)中森明菜 北ウイング 1984年

(8)沢田研二 危険なふたり 1973年

(9)沢田研二 時の過ぎゆくままに 1975年

いずれもアナログディスクで再生します。午前の部、午後の部とも同じ内容です。

再生システム

アナログプレーヤー:英rega P2&MUSICAオプションパーツ

プリアンプ、パワーアンプ:雷鳥4βシリーズ

スピーカー:独クアドラル AURUM RODAN 9(¥1,000,000・税別)

ご参加いただいた方には抽選でプレゼントをご用意しています。

腕時計と一緒につけるのにぴったりなブレスレット(2名様)

イギリス・CELESTION社のフルレンジスピーカーユニット ペア(1名様)


<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation/e/e34d2488b7ca08b5e2e578d1a7e120d1