久し振りにTIASに行く

戯休「いや、TIASも本当に久し振りだったわぁ。 やっぱり改めて行くと楽しいもんだぁね。」
公爵「はっはっはっは・・・・。 そいつは何より。 行くからには楽しまないとねぇ。」
戯休「冷静に考えれば、普段縁のない超高級機なんて逆にこういう時しか見聞きできないもんね。」
君主「それを理由として省く方もいらっしゃいますし、実際それが理由ではありましたよね。」
戯休「機器は超高級機で、部屋もやたらと広い。 参考になるかといえばならないけど、まぁお祭りと思えば問題なし。」
公爵「現実問題としてあの場にいる方々が果たしてどれだけいるかというと、どうしたって少数派だろうさ、うん。」
戯休「大きな部屋で遠慮することなく大きな音を出す・・・・もうそれだけで十分に良い音に感じそうではある。」
君主「その条件で鳴らせるというのがハイエンドたる所以でもあるでしょうね。」
戯休「ハムスター部屋で家族に迷惑を掛けない形の音量で良い音ってのは別の話・・・だけどまぁ最初からそれでは夢がない。 夢ってのはやっぱり大きくないとね。」
公爵「で、感動した音というのはあったかい?」
戯休「いや、あんまり」
君主「そんな話の流れだろうと思ってました・・・。」
戯休「だってほら、感動してはいけないバイアスが掛かってるわけだし。」
公爵「してはいけないというのも初耳だけどねぇ・・・・。」
戯休「例えばの話、だ・・・・どこぞのアイドルのコンサートに行って、度を超すファンになってしまったとしたら・・・届くどころか視界にも入らないそんな思いは不幸なのだぜ?」
君主「夢は大きいほうが良いって言った直後に?!」
戯休「その辺の匙加減が難しいんだよ・・・・。」
公爵「何というか・・・・ブレてるねぇ、本当に・・・。」


戯休「印象に残ったのだと・・・ここで取り上げたので鳴ってたのだとキソアコさんのスピーカーとかがあったけど、流石に良い音してたよ。」
君主「ああいった小型のスピーカーですと、あの場では異色の存在だったでしょうね。」
戯休「異色異色。 でも悪い意味では決してなく、ね。 ただ今まで持ってた印象はその通りだったかもとも思った。」
公爵「扱いは大型スピーカー相手に準ずる、かい?」
戯休「そうそう。 大型も置けるスペースで空間を広く取り、その上でハイパワーなアンプで大きな音で鳴らしてこその真価というか。」
君主「前に、小音量等が苦手なのではなく、そういう使い方をした際の伸びしろがとても大きいという話をしてました。」
戯休「実際そんな感じだったね・・・。 スケール感に遜色がなかった分、余計にそう思った。」
公爵「基本的に小型スピーカーはああいう場では軽視されがちではあるねぇ。」
戯休「ずっともっと小型スピーカーをアピールしようぜ!とは思ってた。 陳列はしてあってもほとんど鳴らされないし。」
君主「技術アピールですから、やはり旗艦クラスを鳴らしてこそという認識もあるかもしれません。」
戯休「ただ、とあるブースで、ペア20万円以下の小型といっても差し支えないスピーカーを鳴らしてたんだよ、今回。 数百万円もするスピーカーの幕間に。」
公爵「ほうほう。 それは珍しいねぇ。 どうだったんだい?」
戯休「・・・・ブースが広過ぎて、可哀想だった・・・・。 常識的な部屋の大きさであればさぞ素晴らしかったろうに・・・。」
君主「そういうデメリットもありますか・・・。 もしかしたらそれ故に率先して鳴らされないという可能性も・・・。」
戯休「あるんじゃないかと思えるほどには切なかったよ・・・・。 あれを性能差と勘違いする人がいたら、それは不幸だぜ・・・?」
公爵「幕間ということだけれど、それにより大型スピーカーがよりよく聴こえてしまったとするなら、身内を使った壮絶なかませ犬になってしまうねぇ・・・。」
戯休「あ、でもね。 その後聴いた超高級スピーカーもイマイチだったから。」
君主「・・・・・珍しくそういう方向でのギリギリを攻めますね。」
戯休「だってさ、セッティングも何もあったもんじゃない、完全ポン置きなんだぜ? 次に鳴らすスピーカーを営業スタッフが適当に置いて、結線して、はいどうぞみたいな。」
公爵「はっはっはっは・・・・・。 それは酷い。」
戯休「だろう? ポン置きのハイエンド機なんて、きちんとセッティングしたエントリーにも劣るとさえ思ってるだけに、アレを見ちゃうとねぇ・・・。」
君主「勿論、全てのブースがそうだとは思いませんが・・・。」
戯休「普通はこの機種でアピールしたい!となれば、必死にセッティングするだろうに・・・。」
公爵「イベントの音を嫌う人もいるけれども、そういうところなのかもしれないねぇ。」
戯休「ショップでの試聴でさえ敬遠する人もいるそうだけど、まだショップはしっかりセッティングするだろうからマシでしょう。」
君主「それもしないショップではまず売れるわけがありません。」
戯休「変に試聴台数を欲張るもんじゃないね・・・。 でもまあいい勉強にはなったかな。 来年も行くかどうかは分からないけど、検討はしてみましょう・・・。」<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gikyusan/e/225a7cfca5c39000cebf780a755ed319