霜月4週の反芻2018

『久し振りにTIASに行く』

姫「ここのところイベント自体行っていませんけど、これについては本当に久し振りでしたわね。」
修道女「珍しく他の方々とご一緒してたことが大きかったみたいです。」
司祭「行けば行ったで、やはり楽しい催しなのでしょうねぇ。 前よりも前向きな気がしますよ、ええ。」
芸術家「正直縁のない製品がほとんどだったろうけど、さわりでも体験できるのは貴重さ?」
君主「伏魔殿のような店舗で試聴することを思えば、遥かに気が楽だろう。」
侍「やっぱり時間さえ都合が付けば、行くべきかもしれないな。」

『スーパーロボット大戦T』

芸術家「ううん♪ 参戦作品がツボだそうで、今のところは購入濃厚さ?」
姫「ある意味、内容も全く分からないのにそれは早計とも言えますわね。」
君主「だが、スパロボだからな・・・。 良くも悪くも骨子が変わらないのがスパロボだ。」
修道女「慣れてる人は、クロスオーバーな映像作品的に思っちゃってるのかもしれませんね。」
侍「しかしそれでも相変らず宇宙世紀のガンダムは抜けないよな。」
司祭「それらを抜いて組み立てる時こそが前進になるのかもしれませんねぇ。」

『FRONTIER 10.1インチタブレット』

修道女「安くて驚いちゃいました。 こんな価格で出来ちゃうんですね。」
司祭「7インチもより安いので注目ですかねぇ。 主殿の用途にはこちらですが。」
姫「以前はこういう安価なものは、厚かったり重かったりしましたけど、今はそれほどでもありませんのね。」
侍「解像度は一回りも二回りも低いけど、それも用途次第で問題なければそれでいいしな。」
芸術家「Androidのバージョンも現行に近いし、それだけでも中古の激安品とは違った価値があるさ?」
君主「実際に手に取って見れればいいのだが・・・大型量販店でなら置いてくれるのだろうか?」

『消えている・・・?!』

君主「これについては主殿は相当ショックだったみたいだ。」
芸術家「いつもより余計に書き込んで、内容もそれなりに納得が行っていて、蓋を開ければ投稿されていなかったさ?」
侍「消えているというよりは操作ミスではないかって話だけど・・・痛恨だよな。」
姫「更新を忘れるよりもダメージが大きいとのことですけど、頷けますわね・・・。」
司祭「今となっては更新用にアップロードした写真が物悲しいですねぇ。 ファイル名がその日付というのもまた・・・。」
修道女「内容としては製品べた褒めで、自分のこれからの展望も含めて語ってたそうです・・。」

『ブラックフライデー!』

司祭「クックック・・・。 いつの間にやらそこかしこでそう言っているようになりましたねぇ。」
侍「ま、セールの機会が増えてくれるっていうのは、貧乏人の俺達からすれば有難い事に違いないんだけどな。」
修道女「その中でも主殿は例のゲーム機に目が向いていたみたいです。」
君主「確かに安かった。 欲しいゲームとの同梱版とさして差が無かったから踏みとどまれたそうだが・・。」
姫「そうでなければどうなっていたか。 怖いですわね、本当に。」
芸術家「でも、こういうのを見せられると、非セール時に食指が引っ込みかねないけれど、どうしたもんさ?」

『JPLAY FEMTO購入』

侍「まさかまた手を出すとはなぁ・・・。 その事自体にビックリだ。」
君主「深入りしない程度に済ませるという事だが、それ位なら可能だろうか・・・。」
芸術家「ううん♪ まずはその程度でまた慣れていくことさ? そこから先はその時の話さ?」
司祭「ここで駄目なら先なんて考えるまでもありませんしねぇ。」
修道女「それに、買うだけは買っておいても、そのままスルーしておくことも可能ですし。」
姫「後で大分高価になったところで買うというのもアレですし、様子見にせよこれで良いのかもしれませんわね。」<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gikyusan/e/592ade13cc308910d087d69b4aa2160b