高域安定、発振防止? パワーアンプの出力にCRフィルタを追加しました。

以前から気になっていた6AS7 PPアンプの電源投入時に偶に発生する”キーン”と発振した様な音

球が温まると無くなるのですが、やはり気になります。

と言う事で、アンプのスピーカー接続端子に、CR微分フィルタを入れました。

値は、適当に、手持ちのオイルコン0.1uF/630Vと10Ω/1Wを直列にしました。

カットオフ周波数は、f = 1/(2 x π x Cx R) ≒ 160kHzと言ったところでしょうか。

最近は、発振音もあまり出なくなったので、その効果が有ったかどうか分かりませんが、無負荷時の球の発振、暴走を抑えるためには、入れておいた方が安心でしょう。

音質への影響を懸念して、贅沢にも、JENSEN製のオイルコン(銀リード)とA&Bのカーボン抵抗を使用しました。

空中付けですが、抵抗の足が太いので、ある程度固定されて大丈夫でしょう。オイルコンはケーブルにバインドしておきました。

気のせいと思いますが、幾分か高域が落ち着いたような。。。

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/kontakun_2010/e/967cb90f5e768c473e2b4b5debaf7cd9