EL34PPmono 調整22 ドロップ抵抗外す。

散歩しながら考えた。

位相反転段の電圧が上がらないのは何故か?

真空管の劣化?エレハモを使ってるので大丈夫と思うのだが。

カソード抵抗の値違いによる動作点ミス?確かにカソード70Vと高いが、ここは上杉さんを信じよう。

とするとなんだ?

昨日抵抗を換えた時、、初段はプレート電圧が上がったのだが、二段目はイマイチ上がらなかった。

これについては昨日だけでなく、前にもあった。

なんで?

電圧が足りないなら、ドロップ抵抗を下げてやればいい。

んん?もしかして、電源のレギュレーション?容量が足りない?

ならば、一番上流のドロップ抵抗を外してみよう。

出力段に電流が行ってしまうので、カソード抵抗を少し上げよう。確か600Ωが有ったはず。

恐る恐る測定。スライダックを上げて行く。

何とかなった。

初段は少し高いがまあ良い。

二段目はちょうど良いところだ。

出力段は、やはりちと高い。

カソード抵抗を上げなくても良かったかも。

ただし、プレート電圧とスクリーングリッドの電圧が同じ。ちとおかしいかな?

あとでプレート損失とか、調べて見よう。

結構疲れた。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/soruboseinn/e/b11dc0f7a8a0648b8c5e0cab65ba13da