EL34PPmono 調整25 カソード抵抗戻す

プレート損失がもう少しで限界なのと、スクリーン電圧が限界超えてるので、カソード抵抗を500Ωに戻した。

まあ、スクリーン電圧は10Vほどしか下がらなく相変わらず超えているが、プレート損失も超えてしまった。

出力管に流れる電流も一割ほど上がったので、出力も少しは上がったかな?

電圧測定してて、初段管の電圧が少し低いので、ドロップ抵抗を下げようか?とも思ったが、なぜかカソードの電流も高いので、やめておこう。

これで少し聴き続けよう。

この辺が最終っぽい定数かもしれない。

仕上げなんだけども、カソード抵抗が5Wなんだが、2Wほど出てて、ちょっと熱くなるんだな。ここは10Wにしたいとこだ。


まてよ、カソードの電圧が高いのはアースに何か流れてて、電流が流れにくくなってる?いや、それなら電流が低いはずだ。それならアースがマイナス?なら、電圧が低くなるのでは?

なんかおかしい。

グリッド抵抗が変で動作点変えちゃってるのか?

電源をシンプル化したので、リップルが取り切れてない?

・・・冷静に考えれば、単純にプレート電圧が上がったからと思う。

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/soruboseinn/e/7e3a8b6c990e665f4c87a658e5637112