Q&A BOSEのWBS1VRⅡへの回答(再掲載)

本来であれば、 ―申し訳ありませんがただ今、受付休止中ですので、 修理受付は次回、受付再開をお待ちください。― と、いう返答になるのですが、

BOSEのWBS1VRⅡについては、こちらでは、 おことわりしています。(コンパクトCDプレーヤー全般です)

一体型の分解等については 非常に手間と時間が掛かり、その分、修理代金に跳ね返ってきます。

また、古い製品なので、オーバーホールも必須です。

加え、ピックアップの交換や修理個所への対応などおこないますと、 新品のBOSEのWBS1VRⅡを買うよりも高くなる可能性があります。

また、当方では、修理個所だけへの対応は行っていません。(と、いうか修理屋ではありません)

1台の機器が持っている能力を引き出すために 経年劣化のコンデンサー交換(かつ、グレードを上げた物に交換します) 機器の体調をベストにすることを基本に 修理個所に対応しています。(OHにおいては、全半田ましになります)

申し訳ございませんが 手馴れた修理屋さんがいらっしゃると思いますので そちらにご依頼頂く様にお願いいたします。

山手サービス 高橋(代理) 代理故の失礼が有ったと思いますが、どうぞご容赦下さい。

以下、ブログからの貼り付けです。(修理とオーバーホールは別物です)

プレーヤーのオーバーホール    

1.電解コンデンサ(ブロックコンデンサは出来ない物があります)の全交換  

2.全基盤の半田増し  

3.CDドライブレール等の清掃注油

4.ピックアップの清掃  

5.アイパターンの確認とトッラッキング・フォーカス調整(ボリュームがあれば)  

6.3日間のエージング  

価格的には部品代込みで4万円前後(コンデンサーの値上がりやこの時よりもさらにグレードの高い物を使用していますので価格が上がっています)

この他にDAC以降のアナログ回路のコンデンサ・オペアンプ・抵抗をグレードの高い物への交換も可能です。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/longing-for-audio/e/0498cff211f4bff7e61646a3d3c85a71