SME312とDL103FLの組み合わせ

サブのトーレンスTD-521には結局エスピーユーを付けるとして、DL103FLが遊んでしまっている。

以前シェルリードの端子が干渉してしまって取り付けられなかったDL103FLとSME312の組み合わせをもう一度試してみる。端子は何とか曲げて逃げられないか?

おお、何とか行ったじゃん。

では昇圧トランスを繋いでLCRフォノイコⅡ型を使い音出し。

・・・。うーん、まともに鳴らすの半年ぶり位か?

音がビビる。あぁ、針の寿命かも。

でも良さそうな気配は有る。

いま、針交換したらどうなるんだろう。

DL103Rはこれに近いなと思ったら14Ω。

やっぱ無印が良いのかな。あの樹脂のボディ。



それ以降、しばらく鳴らした。結構時間が経った。針の減りではないな。ダンパーがこなれてきたんだな。

以前のような弱さはない。やはりインピーダンスのミスマッチというか、中音だけ綺麗に鳴ってた感がある。しかし今はレンジもしっかりしてる。

もし、EMINENTを聴いてなかったら、これがメインに成り得たか?微妙だな。

肉付きとか、艶とかはほとんどない。でも出るものはしっかり出てる。ラジオを聴いてるかのような。

やはりDL103(FL)はいい音だ。

今まではフォノイコとアームのマッチングがイマイチだったんだ。やっと性能出し切ってやった満足感。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/soruboseinn/e/d01e0e5a68eb00c6bc45f6194d07538c