TA-FA7ESのプリ部を使ってみる。

真空管オーディオフェアで打ちのめされた感が有るので、プリを何とかしようと思った。そこで、遊びにソニーのプリメインアンプTA-FA7ESのプリ部をEL34PPmonoに繋いでみようと思った。結果は惨敗。

真空管パワーなのにソニーのプリメインアンプの音になってしまった。フォノイコも今いち。全体に凹凸の無い音場で音色もなんかくすんだ明るめのグレーか、べージュっぽい。

ああ、パワーアンプ部を別プリで鳴らしてみたい。

まあ、こんなもんか。すぐ戻してしまった。



そして、手持ちの本とネットで探したのだが、プリアンプというのは結構種類が無い。真空管4ユニットくらい使って複雑なの無いかな、なんて思った。

一個気になってるのは氏家さんのプリ。当時はあんなの作る気力は無かったが、今なら、なんて考える。飢餓回路、って言ったか。


今の真空管プリは右と左の真空管が共通なので分けたい。

パワーとフォノイコがmonoなのでプリも左右別にしたい。ああ、ボリュームを左右別にしとけばよかった。でもプリのケースは手作りで結構気に入ってるんだよな。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/soruboseinn/e/fc2a1ac71b7abcc904610eea3d48ec3b