TWネットワーク改造

DS-3000のツイーターのネットワークの配線を直した。ユニットに行く配線のプラスとマイナスを入れ替えたのだ。

ネジを外して入れ替えネジを締めるだけ。

なのに軽くするのにWF、TWを外してスピーカーを寝かし、TWのネットワークを外してからの作業。

終わってセッティングの時、今回はスピーカーの間隔を少し狭めた。押入れを完全にふさいじゃってた。


まあ、うまく行った。

今、鳴らしているがまるで変ってしまった。

なんか頭を抑え付けられた感じでイメージ的に暗がりで聴いてるようだったが、上の方に音場が広がるようになった。音色もしっかりしてきたし、明るい、眩しい感じだ。スピーカーの間隔を狭めたのも有ると思うが、MHとTWが逆相で打ち消しあってたところが出てきたのだと思う。カリっと固めの音になってしまった。

声も中央にキリッと立つ。今まではなんか懐かしい感じだったかも?

結構動かしてしまったので少し馴染むのを待つか。でも今のままでも割といい音なんだが。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/soruboseinn/e/552360b4ce589450253c4da2f132bc6f