Amadana Music CD プレーヤー “C.C.C.D.P”

戯休「今日はAmadana MusicのCDプレーヤー『Amadana Music CD プレーヤー “C.C.C.D.P”』のお話。」
旗本「ふむ。 こんな感じのを少し前に取り上げた気がするな・・・。」
司祭「ククッ・・・。 私がその際担当していましたから憶えていますよ。 蔦屋家電の製品でしたねぇ。」
戯休「図らずも似たような感じのが間を置かずに出ると一体何が始まるのかと思わなくもないけど・・・どうせ偶然なんだろうなぁ・・・。」
旗本「だが、この場合は偶然のほうが好ましいのではないか?」
戯休「まぁねぇ。 純粋に個々の判断で開発してくれたというほうが有難いし、そういう風にCDプレーヤーを作ってくれるのは正直嬉しいし。」
司祭「フシギナチカラが働くよりは余程健全ですよ、ええ。」
戯休「何しろフルサイズコンポはおろか、ミニコンポさえ売れないんだからね・・・。 消費者の俺視点でだって心配になる。」
旗本「いわゆる無線接続式のスピーカーに食われたのかとも思うが、それさえも下火である印象がある。」
戯休「今はもう『音楽を聴く』時間が『流行をチェックする』時間になっちゃってるんだもの・・・。 音は本当に聴こえればいいだけみたいな。」
司祭「使われ過ぎて最早風化していそうな懸念ではありますがねぇ。」
戯休「それを思えば・・・こういう『CDを聴くこと自体がオサレ』な商品というのは良いよね・・・。」
旗本「求め易い価格帯なのか?」
戯休「クラウドファウンディングで、出資は税込11500円コースから。 既にラインは大幅に突破している模様。」
司祭「それはそれは。 やはりまだまだ捨てたものではないですねぇ。」
戯休「そしてこの前取り上げたアレとはまた違った魅力があるのも嬉しい話。 今度は前よりも出力手段が多い。」
旗本「ほう。 確か前は無線接続のみであったな。」
戯休「今度のこれは、同様にBluetoothは勿論、光デジタル出力で他の機器に接続有りで、ミニイヤフォンジャック搭載でイヤフォン単独使用可。」
司祭「クックック・・・。 光デジタルもですが、スタイルを考えれば、イヤフォンジャックは大きいですねぇ。」
戯休「しかもUSB端子にUSBメモリを挿すことで、MP3へオートリッピングもしてくれる。」
旗本「ふむ。 曲名入力等は必要になるであろうが、人によっては便利であろうな。」
戯休「ただ、バッテリーは内蔵していない。 そうはいってもUSB給電は可能だから、モバイルバッテリーは使えるそうだけど。」
司祭「そもそも外へ持ち出すか否かという話になりますし、そこは判断の分かれるところですねぇ。」
戯休「俺はCDは傷ついたら困るから持ち出さない派なんで問題はない。 そうなると、今回のこれのほうが個人的には好みかな。」
旗本「外見は前のほうが好みっぽい気はするがな。」
戯休「それも個人的には、ね。 でもこっちもいかにもAmadanaっぽくていいと思うよ。 ちゃんと天然木の突き板使ってるそうだし。」
司祭「プリントシールでは興醒めもいいところですしねぇ。」
戯休「どうすかー? インスタ映えしますよー?? こんな感じにわざわざCD聴いてる俺カコイイ! アタシカワイイ! やってみませんかね? うぇっへっへっへ・・・。」
旗本「・・・商売に全く向かぬことは理解出来たぞ・・・。」
司祭「むしろそんな感じで目の前で薦められたら、売れないどころか通報ものですねぇ。」
戯休「馬鹿な?!」
旗本「我々が変に薦めずとも問題なかろう。 まだまだ死なず。 そう信じることよ。」
戯休「そ・・そうだよね! CDは人気投票券や握手券なんて関係なく売れるんだ!!」
司祭「・・・ギリギリアウトかと。」
戯休「・・・・駄目っすか・・・・。」<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gikyusan/e/0e1f378696cb78c29e164174dbc1ddff