Bulk Pet転送が話題の様なので、、、。

最近のPCオーディオ業界では、USBデータ転送方式の「Bulk Pet(バルクペット)」が話題の様で、その対応機種も発表、発売されています。

Bulk Pet転送について、詳しく知りたい人はWebで調べてみてください。

参考までに概要は次の通り。

PCオーディオにおいて、PCからのUSBデータ転送方式は、アイソクロナス転送方式が一般的ですが、この方式では1ms単位でデータ(パケット)を転送する事が規定されているため、周期的にCPU負荷が変動し電流変動がおきてノイズが発生する可能性がある。またリアルタイム性を重視するためデータの欠落が起きる可能性もある。

これを解決するために、バルク転送方式を応用したものです。

バルク転送方式とは、画像データ、テキストデータ、アプリデータなどを負荷に応じて非周期的に大量かつ短時間に送る方式です。

また、アイソクロナス転送がリアルタイム性を重視するためデータの欠落が起きる可能性も含んでいる事に対し、バルク転送は、欠落なく正確に転送します。

Bulk Petでは、CPUの負荷に合わせて転送間隔を狭めたり広げたりして、負荷変動を抑制しようと言う事に着目した技術のようです。負荷に応じて4つのモードが準備されています。

 

そこで、思いつきました。

そう言えば、私もバルク転送方式のDDCを持っていました。2011年に購入。

「Musiland Monitor 01」です。 以前にも紹介しています。

 

当時人気だったHifaceもバルク転送だったと思います。当時はこの2機種くらい。


これを思い出したように、久々に使ってみました。

ドライバは、最新の状態にして残していたので、そのまま接続しfoobar2000で再生してみました。

Musilandの設定画面です。ASIOを適用しています。サンプリング周波数は、音源データに依存します。

 

再生して音を聴いてみると、確かに音質が良いです。なるほどね~。

1音1音がはっきりとしています。音もスッキリです。音の粒立ち、分離、音の広がりともに良好です。

それと、使ったPCは結構な年代物ですが、他の作業をしてCPUに負荷をかけても、音が途切れたりと言う事が一切ありません。

バルク転送で負荷を最適化して転送しているのでしょうね。

 

なお、写真に写っているUSBケーブルですが、有名な「BELKIN(ベルキン)」の短い(15cm)ケーブルです。

BELKINは、差動インピーダンス整合、ツイストペアなど、一番まともにUSBケーブルを作っているメーカーだと思います。

Apple社も認める米国のケーブル・メーカーです。BELDEN(ベルデン)とお間違えの無いように(笑)。

そもそも、デジタル転送用のケーブルは、アナログ用ケーブルとは違い、線材等による音質への影響は殆ど有りません。それよりも、伝送路の設計がきちんと出来ているかです。

ひとつは、特性インピーダンスの確保が出来ていることです。一般的にはTDR法を使います。

接続部があれば、そこが不連続点となるので、伝搬の反射が起きます。こういった所もきちんと対策して、接続先も含めて伝送線路全体のインピーダンス整合が取れていることが重要です。

それと、シールドがきちんとされて、周辺回路、機器に影響を与えないことです。

Belkin 15cm USB2.0ケーブル F3U133-06INCH Pro Series USB 2.0 Device Cable 並行輸入品
←クリックでAmazonに移動が出来ます。
Belkin Components

あれ? 以前私が購入した時は、1,000円くらいだったのですが、今は高くなっています。

USBケーブルは許す限り、短い方が良いでしょう。

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/kontakun_2010/e/814152f2f510de099f37b3cae0ae1cf1