EQアンプの球を交換しました。

長らく愛用してきたEQアンプの球、テレフンケン(Telefunken)のECC83(12AX7)ですが、最近元気が無い様なので交換しました。

癖が無く大変音質が良く優等生なので、恐らく2年以上は使用して来たでしょうか。

泣く子も黙る?リブプレートで、底面に“ダイヤマーク付き”です。多分、本物(自信無いけど)。

海外在住時に、ガレージ・ショップから測定データ付きで購入した物です。

写真は入手当時のもので、ピン磨きも未実施の状態です。

最近は、音楽をゆっくりと聴く時間が出来て、稼働時間が長くなったために、やはり劣化してきたと思われます。

代わりとして交換した球が、こちらです。

現代管のゴールド・ライオン(Gold Lion)/Genalex製ECC83です。Made in RussiaでNew Sensor社で製造、検査品です。

JJ製なども同時に購入して音質比較したのですが、このGold Lionが一番良かったです。値段も少し高め。

当時の音質比較の投稿が、こちらです。

くれぐれも、中国製造のGolden Dragon製では有りませんので、お間違え無いように(笑)。

 

交換後は、最初は少し荒々しい音でしたが、しばらくしてから落ち着き、良い音で鳴り始めました。

交換前と比べて、生き生きとした元気な音となりました。

参考までに、このGold Lionの球は、Amazonでも購入が出来るようです。 12AX7=ECC83 

ステレオで使う場合は、双極の特性の揃った”Balanced”が良いでしょう。

Genalex Gold Lion 12AX7 tube (Balanced Triodes)
←クリックでAmazonに移動が出来ます。
Gold Lion

 

やはり真空管は寿命があるので、そのための予算は確保しておかないといけないですね。

私の場合は、取り敢えず暫く分の代替品は確保しています。

そう言えば、ECC83比較時に載せていたTesla製のECC803S球は、どこに行ったのだろう?? 

確かピン足にプラチナ・メッキが施して有った様に思います。結構希少管です。 

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/kontakun_2010/e/444137cd046d060ebb6085c5dc0c84de