Evangelist-061 製品第1号機納品!

 

デスクトップ・スピーカーの続きですが、既に試作は終わっていますので、タイトルを変更しました。

そして、Evangelist-061(珈琲色)を納品して来ました。オーディオ評論家の高橋和正先生のところに、製品第1号機納品という栄えあるスタートとなりました。(^^

ニアフィールド・リスニング用なので、スピーカースタンドに設置すると、ちょっと低音不足になります。写真の様に床置きにすると丁度良いです。無駄な響きは出しませんので、音がかぶる心配はありません。この様に設置しても、音像は何事もなく正面に浮かび上がりますし、空間は天井まで広がります。(当社試聴室では、同様に設置して、例えばArt of noizeのCDでは、ヘリコプターの音が頭上を通過します。)

高橋先生は、試しにTHE GENTSのCDを再生されました。前方のステージにコーラスが生々しく展開します。流石は高橋先生、ポイントを的確に捉えて下さっています。通常のシステムでは、コーラスものは特に再生が難しく、ジャリジャリした薄っぺたい音になりがちです。しかも男性コーラスの厚みのある響きというものは、キャビネットを鳴らして補おうとしてもモヤモヤするばかりで、リアリティが出ません。大口径スピーカーを持ってきても、この様な低音(マッシヴな中低音域)はまず出せません。Evangelist-061では、押し出されるような厚み感が生々しく出ます。生音の感触が良く出ます。これが、ウン百万円のスピーカーシステムでもまず出せない、本機ならではの特長です。

因みに、高橋先生のメインシステムは、(世界に類の無い)トゥイーターも含めた全ユニットMFB駆動となっており、ヴォイスコイルの動きを強力にコントロールしています。このシステムの真骨頂も”しっかりした生音の音力再現”であり、私も同じ問題意識で音作りをしております。

高橋先生によれば、全帯域MFBシステムは商品化が困難なのが難点であるが、Evangelist-061のユニット技術であれば、(MFBでなくとも)同じ方向性の音作りが出来るとの事でした。見た目からは想像の付かない音が出るので、来客にイタズラを仕掛けてやろうと楽しみにしておられました。(^^

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ac-audio/e/947025386269ebe3e63abaea4a5e025a