JBL A120の使いこなしっ!!  vol.12


『JBL A120の使いこなしっ!!  vol.11』の続きです。

1本1万円のスピーカーJBL A120の使いこなしです。

スピーカーとパワーアンプの相性についてです。

最近では、『いつかは真空管アンプ・・・』という方も多いのではないでしょうか。

真空管アンプは半導体アンプ以上にスピーカーとの相性が大きく影響します。

真空管アンプと半導体アンプの仕様の上でもっとも大きく異なるのが

『ダンピング・ファクター』です。

『ダンピング・ファクター』は70年代から80年代にクローズアップされた指標で

スピーカーに対してアンプがどれくらいの力強さが発揮できるかというような意味にとらえられていました。

『ダンピング・ファクター』は

(パワーアンプの出力インピーダンス)÷スピーカーのインピーダンス(8オーム)

によって得られる数値で大きい方が『馬力がある』『力強い』とされてきました。

半導体アンプは100以上になることが多く

真空管アンプでは近代管にNFBをたっぷりかけたアンプでは数十、

300Bや2A3といった古典3極管で2~5程度

5極管では1を切るものもありました。

当時は真空管アンプが否定され半導体アンプの優位性が語られることが多く

そのためにアンプメーカーは『ダンピング・ファクター』を利用しました。

現在では『馬力がある』『力強い』といった評価は寧ろ真空管アンプにされることが多く

『ダンピング・ファクター』という指標自体が使われなくなりました。

このように、メーカーに利用された挙句、消えてしまった『ダンピング・ファクター』ですが、

別の見方をするとスピーカーとの相性において・・・次回に続きます。

アウトレットモールをご覧ください。

2018年12月29日~2019年1月6日は年末年始休業となります。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

休業中にオーディオ試聴やログハウスご見学希望の方は

eigyou@musika.jpまでご相談ください。

《《 プレゼントキャンペーンのご案内 》》

2018年11月1日~2019年1月31日までに当社直営店でお買い求めいただいた合計が8万円(税込)を

超えたお客様にロシア製軍用機械時計をプレゼント。

カタログにある5種の中から1ケお選びいただけます。

キャンペーンの適用をご希望のお客様は2019年2月15日までに

①お買い求めいただいた製品名と価格

②お名前

③プレゼント品の発送先のご住所・郵便番号・電話番号

④ご希望の時計の型名

をご記入の上eigyou@musika.jpまでお申込ください。

プレゼント品はキャンペーン締め切り後1ケ月程度でお届けします。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation/e/bb5afcc2d7a741de86eb62d24698a8b6