NJM2073D BTLアンプ

製作途中だったNJM2073D BTLアンプ

何とか使えるようになった

 

裏側

実は、一週間前には完成したのだが

ハム音ノイズが大きく色々いじっていた

以前、NJM2073Sアンプでも悩まされ

電源の電解コンデンサの容量アップや

電解コンデンサ間に抵抗入れて解決したが

今回はそれでは解決しなかった

結局、電源トランスの誘導ノイズを拾っていたようだ

電源トランスをアンプから切り離すと

ノイズは無くなる

あと、消費電流約20mAと少ないわりに

10分位で暖まるので、電源トランス交換してみた

ノーブランド 9V0.85A トランスから

Toyozumi HT-1208 (最大12V0.8A) に

発熱は、全く無くなり

ノイズは、ゼロでは無いがかなり減った

電源は、10Vタップ使って

14.95Vとギリギリセーフ(最大15V)

出力オフセットは

右側 26.3mV

左側32.1mV

 

これで、パソコン用のスピーカーは

NJM2073D BTLアンプ

ヘッドホーンは、

NJM2073S アンプと

3個のNJM2073使ったアンプが完成した

秋月電子のNJM2073S アンプキットの

基板利用して、空きスペースに

BTLアンプ手配線してます

回路図は、データーシートそのまま利用

 

スピーカー駆動の場合 緑LED点灯

ヘッドホーン駆動 ピンクLED点灯

 

電源LEDはブルー

何故か、白にしか撮れません

 

NJM2073D BTLアンプの音は

中高域少し明るめですが

音量も十分あり、結構楽しめます

 

 

 

 

Canon Power Shot A720IS (800万画素)で撮影

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/honmal58/e/df5a68aa20faf09f34a9bcedf21912d1