TS1000F到着

そんなわけで、ようやくスピーカーのアップグレードが終わり戻ってきました。年末年始を挟んだこともあって約一ヶ月くらいかかりましたが。

TS1000からの変更点としては、ツイーターユニットがハイルドライバーに変更されたこと(リフレクターも板状だったものからウーファーと同じく全方位型に)と、底部を覆うようなインシュレータが追加されたこと。後は胴部正面の文字がなくなりまっさらに。ツイーターが変わったことで周波数特性が45kHzまで伸びています。下は前と同じですがクロスオーバー周波数は2kから3kに変わっている模様。

音の方ですが、最初は正直微妙でした。音が妙にぼやける、前に出ない、高音が頭打ちになったような感じ、等々。一週間くらいたってユニットもこなれてきたのか、高音部に関してはだいぶ良くなってきましたが。他の点についてはD-06uのフィルター設定をP-3にするのと、間にあるEX850には布等かけないでそのまま置いておくのがわりと良さそうなので、これで様子見しようかというと。音の広がりはやはりこのような形式ならではで心地良い感じ。ここはツイーターの交換で強化されたと思う点です。

ちなみに映像関係の場合は今のところEX850のスピーカーを使っています。内蔵のスピーカーとしては相当に音が良いですし、画面との一体感という点でも優れているので。配線もHDMIケーブルだけで済みますからね……

今後の方針としてはまずパワーアンプの強化でしょうか。将来的にKEFのBlade Two導入を目指すという方向性は変わっていないので、現行のアンプも駆動力は決して悪くはないもののやはり大型スピーカー相手だと不足しそうなので、ここはやっておく必要があるかなと。具体的にはMola-MolaのKalugaですが、ペアで200万近くという……プリも同じくMola-MolaのMakuaが欲しいですが、現在がトランスアッテネータとやや特殊な代物というのもあるので後回し。700万円くらい降ってくれば全て揃うのですが。

実は転職活動を進めていて、結果も出てきており実入りも良くなりそうなので(むしろ今までが悪かった……にも関わらずこれまであれだけ買ってきたのか、という突っ込みはさておき)、5年くらいあればどうにかできるかなあと思っております。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/aoi-x44/e/4d49e3246626b06eec626dd18d9706f9