YGアコースティック社オーディオベース展示導入しました♪

これは当店考案によって即発売となったYG Acoustics社のRACK1.1というオーディオベースです。

RACK1.3という3段ラックのボトムベースですが、後にオプションとして中段や側板を購入すればラックになります。

コアのリファレンスシステムのパワーアンプのオーディオベースに展示採用しました♪

今までも他を全くひきよせないほどの素晴らしいサウンドのベース、ドイツコプラーレ社を使用。
これも立派な値段しますが…

今までのコプラーレサウンド動画です。
コプラーレオーディオベースのサウンド

そして今回のRack1.1にしたサウンド動画です!!
YGアコースティックオーディオベースのサウンド

この差を聴くと、ベースの固有の音を感じてしまい、振動による滲みを感じてしまいます。
こんなにも一音一音の形が出てニュアンスがリアルに湧き出てくるものかとちょっと感動モノです。

音楽以外の付帯音が消えるんです!!

YGの共振周波数を一致させ瞬時に振動が起きないようにしているのがよく分かります。
乗せる機器の重量(共振周波数)がそれぞれ違うのに、ラックやベースが同じというのは不要共振を起こしてしまい、固有音が乗ってしまうんですね。
なので、機器の重量(共振周波数)に合わせたベースやラックにするのが当然だと、音を聴いて強く思います!!

ご興味ある方は、実際コアで常設展示試聴していますので是非ご来店お待ちしております。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/audiospacecore/e/340d96b0747233e03c3a665cfa8ee733