【テニスと無関係:電脳】格安IP電話に黒船「ハングアウト」

私が使っているのがフュージョンコミュニケーションズのIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」

基本料ゼロ円+30秒8.4円(消費税5%の時)今はいくらだ?

他にはOCNコミュニケーションズ「050プラス」は

基本料315円+3分8.4円(消費税5%の時)

IP電話は”音質は不安定だが値段は超安い”と思っていたら、このマーケットに黒船到来!

しかも超大物です。

Googleのチャットソフト「ハングアウト」に電話機能が追加されました。
本国アメリカでは随分前から始まっていたサービスです。
それが、ようやく日本上陸です。

[ハングアウト–google]

さっきハングアウトを起動すると
「格安電話がしたいならハングオーバーダイヤラーをインストールしろ」
とメッセージが出たので入れてみました。

通話料金を調べるとびっくり!

1分3円!

携帯電話にかけても9.7円!

日本 – VoIP 3セント(=3.24円)
日本 – 携帯電話 9セント(=9.73円)
日本 – 固定電話 3セント(=3.24円)

アメリカへは無料
香港、韓国、モスクワへは1分2円
イギリスは1円

[価格表—google](”すべての料金を表示”をクリックして)

ハングアウトダイヤラーの操作画面

僕の携帯へ電話してみると、まず前金でお金を入れてくれとメッセージがでました。

ヘルプによると10ドル分クレジットを買い、必要に応じて米ドルで追加していくようです。

[通話用の通話クレジットを購入—google]

[Gmail での通話—google]

コンピューターネットワークの巨人が始めたサービス。
日本のIT企業よりは絶対品質は良いハズ!
しかも1分3円だなんて・・・・・
会社の電話の発信をすべてハングアウトにしたら電話代が100分の1にはるかも
ちなみに非通知発信になり、着信は出来ないそうです。
非通知には出ない人も多いから、ちょっと使いにくいかな・・・
<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/loeuf/e/8565afa1554968770b7032e5dc4ee02b