スマホの電池持ちが急に悪くなった件

1週間くらい前のこと、約10ヶ月使用しているスマホ(SoftBank 202F)の電池持ちが急に悪くなりました。
その前までは2日充電しなくても半分弱ほどは余裕がありました。しかし朝はいっぱいにしても、夜10時ごろには15%ほどしか残らなくなりました。殆ど待ち受け状態の日でも同じでした。
不必要なアプリを消しましたが、全く状態は変わりませんでした。Webで電池の減りについて調べたけれど、大した情報は得られませんでした。そこで29日(月曜日)にSoftBankショップへ行ってみました。
電池の取り外しはできないので、工場へ出して調べてもらうしかないとのこと。ダウンロードしたアプリなど中のメモリは勿論消してしまうのですが、しかたないので預かってもらいました。
代替機は303SHというちょっと前の機種だったのですが、これがまた使いづらかった(この機種を使用している皆さん、ごめんなさい!)。メニューは縦にスクロールだし、画面は小さいし。失くしたりすると最悪3万円以上払わなくてはいけないので、大切に扱いました。その機種にFacebookやLINEなどをインストールしましたが、電池持ちは悪くなりませんでした。
それから3日後の2日(木曜日)にスマホが届いたと連絡があり、すぐにショップへ。メーカー元の富士通さんによれば、バッテリーにも本体にも特に異常はなかったということ。メモリは無くなってしまいましたが、スマホ自体の故障では無いことを知り、ほっとしました。それよりも無事にスマホが戻ってきて良かったです。デザインも操作性も、凄く今の機種が気に入っているので。
昨晩充電したスマホを見たら、今(夜10時前)の電池の残りは85%。ということはやはり、原因はアプリかと。ショップの店員さんによると、アップデートでも電池持ちが悪くなることがあるとか。でも安全のためにアプリを最新にすることは大切ですし、難しいですね。まぁ、不要なアプリはこまめに消すことが解決策の1つでしょうか。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/yuki_523/e/76803217941e5b77bd567aed81487009