回転寿司、携帯予約サービスの陥穽とは:

回転寿司、携帯予約サービスの陥穽とは:
何でも、無添加を売りに高品質の回転寿司で、名高い有名なチェーンが、携帯サイトから、席の予約が可能なサービスを提供したというので、早速、ベトナムの旧い友人の娘さんがホームステイに来るので、歓迎会も兼ねて、このサービスを試してみることにした。まずは、空メールで、会員登録し、自分の行きたいお店の検索をしたうえで、いよいよ、予約の日時をクリックし、確認・予約番号というものが、提示され、更に、確認の為に、登録した携帯メルアドに、メールが、受領されれば、予約時間内の10分に来店すれば、席が、希望人数分予約されるという触れ込みである。成る程、これは、便利である!勇んで、この予約番号を持って、お店に行くと、平日の午後7時だというのに、何と35分-45分待ちである。これなら、このサービスは、おおいに、有効であると判断して、受付に申し出ると、何と驚いたことに、「只今、大変混み合っておりまして、順番で、呼び出しますので、それまで、お待ち下さい」と、慇懃無礼に、平然と応えるではないか!結局、予約時間より早めに到着したものであるから、20分以上も待たされる結果に終わった。そこで、こちらも、原が減って、頭にきているから、そのサイトへメールで、投稿することにしたが、よくよく、投稿されたコメントを読めば、皆すべて、良いことづくしのコメントばかりである。おまけに、すべて、後悔されるのではなくて、ある種のクライテリアに基づき、掲載されるかどうか判断されるとも注意書きが書かれていた。更には、一日一通のコメントに制限されていた。よくよく、冷静になって、考えてみれば、この予約システムなるものは、していたら、別にその必要も無く、混んでいるからこそ、必要とされたにも拘わらず、結局、役立たずの核兵器みたいな「張り子の虎」である。ピザのデリバリーでも、予定通りのデリバリーが出来なければ、某かの返金サービスをうたい文句にしているところがあろうが、何としたことであろうか?少なくとも、HP上には、「混雑時には、待たされることもあります」という告知義務が不可欠であろう。待たされたくないというニーズを逆手にとったサービスなるものの、逆に、結果として、待たされてしまうと言う呪縛に陥って、客を失う羽目になりかねない。おまけに、子供へのサービスを謳っているお店だから、異常なほどに、悪ガキが多くて、大声で、わめき散らすは、母親や店員も注意をしないで、まるで、阿鼻叫喚の中での食事で、鮨を食べるという場ではない。やはり、年寄りは、カウンターで、ゆっくり、握って貰う方が、お金が高くても、棲み分けが必要かも知れない。当分、この店には、行かないことにした。もっとも、きっと、毎日、不必要なメルマガや使いもしないクーポンが、やたら、殺到することは、必至であろうが、、、、、困ったものである。一度、会員登録することにしようか?いやはや、笑ってしまう!
<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/mx2141688/e/998d1adc34e1085cf724383760bc185d