長月2週の反芻2014

『今週は著しく短いです・・・』

法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まぁ・・・表題の・・・通りだった、な・・・・。」
魔女「毎回毎回判り易く追いつめられてるさね。 進歩がここまでないのも大したもんさ。」
執事「そういえばこの時にも自分へのご褒美云々の話をしていましたが、結局何か思いついたんですかのぅ?」
旗本「いや、その様子も無いな。 物欲が無くなるわけでもないであろうから、普通にそこまでの余裕がなかっただけではないか?」
公爵「はっはっはっは・・・・・。 その意味では相当な追い詰められ方をしていたわけだ。 しかし今の時点で思い付かないとなると・・。」
女王「そのままずるずると何もしない可能性が出てきますね。 それはそれで結構なのですけれど。」

『DELL UltraSharp 27 Ultra HD 5K』

旗本「4Kもまだまだであるのに、5Kの話題とは尚早とも思えたがな・・・。」
女王「実際にはPC用ディスプレイですから、解像度については性能さえ満たしていればどうとでもなりますね。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そこは・・・・・自由度が高く・・・・・助かるな・・・・・・。」
公爵「この機種につては、5Kがどうのこうの言うよりも、その精細さこそが注目に値するねぇ。」
執事「何せ、27インチですからなぁ。 5Kでそのサイズとなると、業務用もかくや、ですな。」
魔女「そこまでの性能であれば、価格にも納得するってもんさね。 万人には不要であっても、必要とする人は居る筈さ。」

『超山場にて・・・』

女王「この日は更新出来ただけでも幸運だったと言えるでしょうね・・・。」
公爵「もっとひどい時もあったけれども、最近ではまぁ随一だろうさ、うん。」
旗本「結果的に間に合ったから良かったものの、やはり褒められたものではないな・・・。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・誤算は・・・日中・・・・・書類を作れなかった事・・・だそうだが・・・・。」
魔女「それも含めて計画すべきだったって事さね。 ま、未熟が起こした自業自得かね。」
執事「いつまでも未熟という言葉も使えませんがの。 その内に単なる無能と呼ばれぬようにしませんとな・・・。」

『検査終わりて睡魔が来る・・・』

公爵「結局完徹になったという事で・・・・まぁ何事も無く済んで良かったとしか言えないねぇ。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何かあれば・・・・・全てが無駄・・・・だからな・・・・・。」
魔女「結果オーライって事なんだろうねぇ。 しかし、主殿も弱くなったもんさね。」
執事「昔はそれほど寝ない日が続いてもなんとかなった記憶がありますでな。 弱くなったというか、年を取ったというか・・・。」
女王「この日は流石に少し早目に寝たそうですが、いつも以上に睡眠を取っても全然寝足りなかったとか。」
旗本「疲れ易さもそうだが、回復の遅さもまた年に因るところがある。 そういう把握も大事な事よ・・・。」

『クリプトン KS-7HQM』

魔女「この手の機種でHDMI入力があるというのは、憶えが無いねぇ。」
執事「相当特殊な部類に入るでしょうな。 正直、検討さえしないメーカーのほうが多いのではありませんかのぅ?」
公爵「だが、ビジュアル系も嗜む我々からすれば歓迎すべき事であることは間違いない。」
女王「BDオーディオを念頭に入れてとの事ですが、ハード側も動いてくれてこそ、採用も普及もし易くなるというものです。」
旗本「リニアPCMなら映像作品でもいけるであろう。 そういう楽しみもある。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・正直・・・・・期待もしていなかっただけに・・・・・有難い・・・・・。」

『今更ながらiPhone6に思う・・・』

執事「主殿はiDやSuicaに御執心ですからな。 そこが前提条件となる事は仕方が無いでしょう。」
旗本「しかし、それにつけてもこれを所有検討する事自体、不思議な事だとは思っていたがな。 合点がいったわ。」
女王「XperiaZ3は8インチタブレットのほうが欲しい、ですか・・・・。 主殿らしいとは思いますね・・・・。」
魔女「何だかんだで最も主流なものではあるんだ。 一度は本格的に所有してみてもいい経験になるとは思うさね。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それも・・・・前提条件次第、だがな・・・・・。」
公爵「うんうん。 果たしてどうなるのか・・・・これからこそが楽しみだねぇ。」<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gikyusan/e/d49a658ce595830577563e9561f57458