GALAXY Note EdgeにBluetooth対応折りたたみキーボードBSKBB15を接続する

 Bluetooth対応のワイヤレス折りたたみキーボードBSKBB15SVを購入した。
 iBUFFALOブランドの製品で購入したシルバーのほか本体色にはブラックがラインアップされている。2012年の発売で定価ベースでは6,700円(税別)らしいのだが、Amazonでの購入価格は2,763円だった。

iBUFFALOブランドのBluetooth充電式ワイヤレス折りたたみキーボードBSKBB15SV

 キーボードは英語配列の83キーでアイソレーション方式。折りたたみ機構のある中央付近など一部のキーの大きさがイレギュラーなのはやむを得ないところ。キータッチの品質は価格相応で自分としては納得できる範囲だ。
 キーボード本体の重さは約155g。端末のスタンドにもなる保護ケースは約95gあるので、ケースに入れて持ち運ぶと約250gの重量になる。本体だけだと軽く感じるのは重量バランスの加減だろうか。

BSKBB15SVのキー配列。英語配列の83キーで、アイソレーションタイプだ。

 同種の製品には電池で駆動するものが多いが、本製品はリチウムイオン電池を内蔵した充電式である。仕様によれば「1日8時間キーボードの電源をONにした状態で、パソコン操作の25%をキーボードに割り当てた場合」で約1か月持続するとのこと。
 Bluetoothのバージョンは3.0、プロファイルはHID(Human Interface Device profile)のみの対応だ。Android 4.4.4を搭載するGALAXY Note Edge SC-01GのBluetoothをONにしてBSKBB15SVの裏面にあるコネクトボタンを押すとペアリング要求の画面が表示された。設定作業に難しいところはない。

電源スイッチは上面部分。microUSBで充電して利用する。動作期間は約1か月 裏面のコネクトボタンを押してペアリング開始。BSKBB15SV側でパスコードを入力する。

 無事ペアリングが完了したと思ったら、「Bluetoothキーボードを利用するには、入力方法をSamsung日本語キーパッドに変更する必要があります」と、受け入れがたいメッセージが表示された。
 Twitterアプリに入力してみると、たしかに常用しているATOK Passport Proの挙動ではない!

「Bluetoothキーボードを利用するには、入力方法をSamsung日本語キーパッドに変更する必要があります」だと? え?Samsung日本語キーパッド?

 あわてて通知パネルを開いてみる。
 メニューをタップすると、入力方法を選択するダイアログボックスが表示されたので「ATOK Passport Pro」を選択する。

通知パネルを開いて「入力方法を選択」をタップ 「ATOK Passport Pro」を選択し直す

 すると、画面下に見慣れたアイコンが表示された。無事、ATOK Passport Proへの切替えに成功したようで一安心。検証してみると、キーボードを接続するごとにSamsung日本語キーパッドに戻ってしまうようなので毎回変更の作業が必要だ。
 なお、ATOK Passport Proで英数字を入力するには、Altキーを押しながらスペースキーを押してATOKを一時的にOFFにするのが手っ取り早いようだ。

ATOKでの入力が可能 ATOK Passport Proでのキーバインド表示

 ATOK自慢の賢い日本語変換や豊富な機能を改めて堪能しながら、一通りのアプリでの動作を検証してみたが特段に問題はないと感じた。もちろん入力の取りこぼしと思われる現象もあるのだが、この価格帯でシビアな性能を求めるのには無理がある。キーボード世代の私にとってはフリック入力の何倍も快適だ。

さすがATOK。同音異義語の変換も完璧 ATOKの新機能「ナントカ変換」も可能

 ちなみにiOS8にアップデートしたiPhone 5cでも問題なく利用できることを確認した。ただし、ATOK for iOSは2014/12/30時点のバージョン1.2.1ではiOSの仕様により外部キーボードの利用が出来ず、ATOKのソフトウェアキーボードが表示されながらも、BSKBB15SVからの入力はiOS標準キーボードに渡されてしまう状態だ。対応を期待して待ちたい。

iPhone5c(iOS8)でのペアリング 2014/12/30時点でATOK for iOSは外部キーボードに非対応

 本製品は保護ケースが端末スタンドになることが他との差別化要素になっている。Flip Walletを装着したGALAXY Note Edgeでもスタンドの中央からずらして置けば利用可能だ。ただ、スタンドとしてはちょっと大きいので性に合わなければ無理をして使うものでもないだろう。

保護ケースが端末スタンドになる。Flip Wallet装着のGALAXY Note Edgeも何とか置けます。

 なお、今回の入力環境の整備で、本ブログの更新ペースが上がる…かどうかは別の話である。あしからず。

【参考】

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/hajiyomi/e/5265250be43b7eea2ec9f2ec59aba8ff