GALAXY Note Edgeのフェスティバルエフェクト:元日編

 ハロウィン、クリスマス(イブを含む)と来て、次は大晦日かと予想していたが何も起こらず年が変わり、元日になったところでGALAXY Note Edgeの通知エリアにアイコンが表示された。行事やイベントに合わせてロック画面の壁紙やSNSの背景を変更したり、通知パネルにちょっとした表示をしたりしてくれる「フェスティバルエフェクト」機能のアイコンである。

元日のフェスティバルエフェクト SNSアプリの背景も元日仕様

 元日のロック画面は、羽子板や奴凧、富士山や鶴など正月のアイテムが円形に配置されている。アニメーションで円を描くように表示されたり消えたりするところまで含めてクリスマスと同じ仕様だ。
 その下には鏡餅が置かれているのだが、裏白の部分がスイングしているのが楽しい。隣に朱印風の「賀正」の文字が添えられ年賀状を彷彿させるデザインである。

元日のフェスティバルエフェクトロック画面の壁紙 お正月のアイテムが円を描くように表示される

 個人的にこういう季節感を感じさせる仕掛けは大好きなのだが、GALAXY Note Edgeにおいてはスリープからの復帰時にフェスティバルエフェクトの起動に失敗したり、時としてぎこちないアニメーションになったりするなど、端末の未完成度合いを感じさせてしまう機能でもある。

 次に起動するのは「節分」だろうか?

【参考】

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/hajiyomi/e/3b541ee2a2dcb79c3fe9aa24437c287b