GALAXY Note Edgeはどのくらい大きいか

 GALAXY Note Edge SC-01Gを使い始めて3週間になる。
 購入前にもっとも懸念していた「大きさ」について、これまでに気づいたことをまとめておきたい。私がGALAXY Note Edge以前に利用していたのは、ちょうど1年前に発売された2013冬モデルのARROWS NX F-01Fである。

 スペック表で筐体の大きさを比較すると、ARROWS NX F-01Fが高さ140mm、幅70mm、厚さ10mmで、一方のGALAXY Note Edgeは高さ151mm、幅82mm、厚さ10.1mm(最薄部8.5mm)。厚みはほぼ同じだが一回り大きく、特に横幅はエッジスクリーンの分だけ大きくなった。さらに純正カバーFlip Walletを装着したことでカバーの分だけ厚みも増している。

左がGALAXY Note Edge、右がARROWS NX F-01F。エッジスクリーン相当分横幅が大きい

 ディスプレイのサイズはARROWS NX F-01Fが5インチ、GALAXY Note Edgeは5.6インチで10%超大きくなった。解像度に至ってはARROWS NX F-01FがフルHDの縦1920×横1080ピクセルであるのに対して、GALAXY Note Edgeはエッジスクリーンを含めて縦2560× 横(1440+160)ピクセルと縦横それぞれ約1.3倍の差がある。
 ARROWS NX F-01Fのホーム画面をそのままGALAXY Note Edgeで表示させてみると、数字以上に解像度の差があることを実感できる。

ARROWS NX F-01Fのホーム画面をGALAXY Note Edgeで表示してみると… GALAXY Note Edgeのホーム画面

 画面に表示できる情報量についても触れておこう。
 標準ブラウザで同じWebサイトを表示して比較してみると、1行の文字数は当然にGALAXY Note Edgeの方が多い。実際に画面上の文字の大きさをスケールで測ってみたところ約1.18倍大きく表示されているので、フォントサイズを縮小すればARROWS NX F-01Fよりさらに多くの情報を1画面で確認できる。
 また、GALAXYシリーズの伝統でホームキー等が物理キーとして画面外に配置されることで表示領域がより広くなっている。これは他機種と比べた際の大きなアドバンテージだ。

同じWebサイトをGALAXY Note EdgeとARROWS NX F-01Fで表示。解像度とホームボタンの分だけGALAXY Note Edgeの方が情報量が多い

 最後に重さの観点から見てみる。
 ARROWS NX F-01Fの150gからGALAXY Note EdgeではFlip Wallet込みで224g(本体のみでは177g)に大きく増えているのだが、Flip Wallet装着時の重量バランスが良いのか手に持って「重い!」と感じることはない。
 しかし、シャツの胸ポケットに入れるのは大きさを含めて無理があり、かと言って常に握って持ち歩くわけにもいかないので、今のところはスーツの胸ポケットかズボンの前ポケットに入れることが多い。
 みなさん、一体どうやって「携帯」しておられるんでしょうか?

シャツの胸ポケットに入れるのは厳しい… 握って持ち歩くのはさすがに…

 特長のひとつであるSペンをまだ活用できていない段階での印象ではあるが、現時点においてはエッジスクリーンを含めた大画面がもたらすメリットと、持ち歩く方法を思い悩むほどの大きな筐体のデメリットの両方を感じている。

【参考】

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/hajiyomi/e/f7a14b1a6fb347beac250dab9c2348af