GALAXY Note Edge SC-01Gが到着

 ドコモオンラインショップに発注していた2014-2015冬春モデルのGALAXY Note Edge SC-01Gが予定通り、発売日である2014/10/23に到着した。
 さっそく初期セットアップと主要なアプリのインストールを始めよう
GALAXY Note Edge SC-01Gの本体付属品

 まずは電池パックを装着する。GALAXY Note Edge SC-01Gの電池容量は3,000mAhでARROWS NX F-01Fの3,200mAhよりもわずかだが小さいことは電池持ちの面からやや気になる。電池パックが自分で交換できるのは最近では珍しい部類か。
 おサイフケータイのマーク(モバイル非接触IC通信マーク)は背面の中心から大きくズレた端に近い位置にある。決済時や改札通過時などに端末をリーダライタにかざす際に注意が必要だ。

電池パックは取り外し可能。 モバイル非接触IC通信マークは端に近い位置に

 電源を投入してGoogleアカウントやdocomo ID等の設定を行う。Samsungアカウントやドコモの各種クラウドサービスの設定もあり、かなり煩雑な印象を受けた。
 今後のアップデートに備えてセットアップ直後の端末情報を確認しておくと、搭載されているAndroidバージョンは4.4.4、カーネルバージョンに含まれる日付は2014/10/4となっている。端末情報画面ではモデル番号以下の項目の文字色がグレーになのは、なぜだろうか?

GALAXY ようこそ GALAXY Note Edge SC-01Gの端末情報を確認

 スクリーンショットを撮りながらの初期セットアップは15分ほどかかり、ようやく初回起動が完了した。鮮やかな画面が目に眩しい。外観上の特徴である右側面のエッジスクリーンもその存在を強く主張している。
 端末の大きさを把握しようと、手元にあったiPhone5cと大きさを比較すると、二回りほどのサイズの違いがある。ただし、厚さは8.5mmで同程度のため、GALAXY Note Edgeが大きさの割には薄く感じる。

とりあえず初回起動に成功したGALAXY Note Edge SC-01G iPhone5cとGALAXY Note Edgeのサイズ比較。大きさは二回り違う。

 この大きな筐体を安全に持ち歩く方法を検討する上で、スーツとシャツの胸ポケットへの収まり具合を確認してみた。ものによって多少の違いはあるだろうが、スーツの胸ポケットならギリギリ全体が収まる。左右も取り出しに問題のないレベルで余裕がある。他方、シャツの胸ポケットに入れるとカメラのレンズ部分がちょうど顔を出す。撮影をしていないにしろカメラレンズを向けられるのは多くの人にとって気分の良いものではないので、この方向で入れるのは止めた方が良さそうだ。基本的にはカバン等に入れて持ち歩くことになるのだろうか。

スーツの胸ポケットならジャストサイズ シャツの胸ポケットに入れるとカメラのレンズ部分から上がはみ出す程度

 翌2014/10/24から、これまで利用していたARROWS NX F-01Fと入れ替えての実運用に入ったのだが、意図せずに何らかの操作をした結果、馴染みのない画面が表示されて戸惑うことが何度かあった。
 とりあえずの整理として、どのような操作でどういった機能が起動するのかをまとめておく。
GALAXY Note Edgeのディスプレイ下のキー群。左から履歴キー、ホームキー、バックキー

 一番多く起動させてしまったのが「Sボイス」なるアプリだ。これは「しゃべってコンシェル」や「Siri」「Google音声検索」と同種のSamsung製の音声コントロールアプリである。初期状態でホームキーの2度押しに起動操作が割り当てられているので、iPhoneの感覚で起動アプリの一覧を表示させようとすると意図せずに起動してしまう。
 「ようこそ」画面から次へをタップして初期設定を進め、最終的に設定メニューから「ホームキーで起動」のチェックを外してしまえばOKだ。

ホームキーを2回押すと起動する「Sボイス」 初期設定を進めて「ホームキーで起動」のチェックを外す

 ホームキーの右側にあるバックキー(戻るキー)の長押しで画面の左側に開くのがマルチウィンドウトレイと呼ばれる画面だ。同時に2つの画面を表示したり、ポップアップで小さな画面を開いて並べて閲覧したり操作できる機能らしい。マルチウィンドウトレイ自体は数秒経つと再び格納される。

バックキー長押しで画面左側に起動するマルチウィンドウトレイ 複数アプリを同時起動することが可能

 ホームキーの左側にあるのが履歴キーだ。
 履歴キーを長押しすると起動するのが、壁紙の変更やウィジェットの追加と削除、それにホーム画面の切り替え効果の変更のメニューにジャンプできるなど、ホーム画面関係の設定を集めた画面になっている。

履歴キーの長押しでホーム画面関係の設定メニューが表示 履歴キーのタップで「  最近使用したアプリの一覧が表示

 まだ設定作業も半ばの状態で、現時点では分からない機能がてんこ盛りだ。今後、ひとつひとつ試してみながらご紹介していきたい。
機能満載のGALAXY Note Edge SC-01G

【参考】

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/hajiyomi/e/0dbb4a43e87582e9302507ae7df7321d