iPhoneについてあれこれ否定的だったり推定的だったり

ある意味、成熟して必要とする人には行き渡りつつある世界なんです。

新しいネタじゃなく、他の付加価値を付けたり決済を握ろうとしたり@BLOGOS
http://blogos.com/article/94884/

アポーは、既に打つ手は全てやっていて、更にウェアラブル端末(でも、Apple Watch‎は駄目過ぎると思うよ?稼動時間的に)としてもあの手この手を尽くしているわけですね。
世界的に見れば、iPhone6が入ってくるのはスマートフォンの高級機的位置付けな訳ですし(でも、日本で取り扱いがあるスマホなんて高級機オンリーみたいな世界だけれども)……Appleが低価格端末なんて絶対手を出さないでしょうね。
それこそ、ミッドレンジクラスに旧世代機の併売でもってぶつけて行く位で。

そして、次の時代のキラーコンテンツといっても見えてこないので力の入れようも無く、今のところ美味しいボリュームゾーンをいかに握り続けるかが課題って位かな。

ただ、別の側面から見るとiPhoneシリーズの優秀なところとか@BLOGOS
http://blogos.com/article/95020/

海外出張が多くて、出先でもスマートフォンをローミングしたり現地でSIMを勝って使いたい場合にSIMロックを外して持って行くケース。

この場合、iPhoneの優秀さが際立っていますね(Xperiaはどーなんだろね……普通に買うならXperiaを選ぶんだが)

PS.
でも、携帯端末としてジャストフィットなサイズって、iPhone5sまでだと思いますけどね。
特に6Plusとか大きすぎないかね?
これが、スマートグラスや他の入力装置と組み合わせたウェアラブル端末になったら、単体の画面なんて大した役割じゃ無くなると思うんだけど。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/dak1943/e/72b1b63fb6776d15959dce0bbefa4a27