“TransferJet(トランスファージェット)”とは

ソニーが開発し、2008年に公開された新しい近距離無線転送技術です。この名称は、ソニーの登録商標です。

データを転送したい相手の機器にこちらの機器を直接「かざす」ことにより、大容量のデータを高速にかつ簡単に転送できるようです。無線特有の面倒な設定が不要、煩雑な初期設定も不要とのことです。下方に示す、ソニーのサイトでは、「サッと機器同士をかざして、パッとデータ転送ができる、次世代の近接無線転送技術、誰もがカンタンに使えるデータ通信」などのフレーズが付けられています。

電波の周波数としては4.48GHz帯を使用し、5cm程度の距離で通信可能で、3cmまで近づけると最大560Mbpsの速度で転送できるようです。この技術の最大の特徴は“飛ばない”ことだそうです。通信距離が3cm程度にすぎず、飛ばないことにより、他の機器から干渉を受けることも与えることもなく、シンプルな構成が可能になるとのことです。BluetoothやUWB(ultra wide band)で必須であった干渉防止技術が不要とのことです。

東芝では、今年の春に、トランスファージェット対応の、iPhone向けアダプター「TJM35420LT」を販売開始するようです。このアダプターを使用すると、1分間のハイビジョン動画が約3秒で転送可能とのことです。

プレスリリース(2015.1.5)のサイトは、http://www.toshiba.co.jp/about/press/2015_01/pr_j0501.htmです。

トランスファージェットの使い方のイメージ等を紹介しているサイト(SONY)は、http://www.sony.jp/transferjet/です。
また、以下には動画での紹介も含まれています。
https://msc.sony.jp/member/mail/mysony/feature/20100204_1/<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/blspruce/e/c2459cacb15bf47cfcb516b8d1aa2353