お菓子作りの作業を動画撮影する場合の注意点

1分動画レシピでは作業の様子を真上から撮影していることが多いような気がしますが、調理の際の水蒸気(湯気)や熱(排気)を考えると、直接カメラを向けるという方法はリスクが高いと思います。

透明のアクリル板を用意してカメラを配置し、そこの下で作業をすればよいのでしょうが、透明のアクリル板はありませんし、それを支える枠などの準備も大変なことになります。

料理教室などではミラーを斜めに配置して手元の様子が遠くからでもわかるようにしている事もあります。

作業の様子を撮りっぱなしにするわけではないので、必要な場面だけ動画撮影するという事を考えると、三脚の

三脚は出来るだけ高い所から雲台を縦位置にすることでカメラを真下に向けて低めのテーブル上で作業&撮影とするのが良いのでしょうか?
(三本の脚の中央に低いテーブルを設置・ばねばさみ止めできるLEDライトで明るさアップ&それが直射にならないような工夫)

加熱作業の様子は実際の加熱しながらではなく、ガスコンロに火を着ける様子と加熱中にコンロから外した状態のアップを組み合わせでという工夫が必要かもしれません。

チョコレートを溶かすくらいの加熱に関しては保温プレート(電熱器)でも良いかもしれません。
その場合は早回しの処理が必要になる?

調理の流れを止めないでという事を考えると、インターバル撮影&タイムラプスでの動画作製という事も考えても良いと思います。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/teccho/e/135c0140ebb347fae9e3a625779285b5