ピクチャーコントロールの使いこなし

 昨日の午後は、東京・品川のニコンで開催された「色にこだわり画づくりを楽しむ!ピクチャーコントロール使いこなし講座」に参加!

2回の講座で1回3時間。

土曜日開催なので、時間的に現役の人が参加しやすい講座でした。

教えていただいたのは、長年広告写真に関係されているプロの女性講師!

参加者10人の中には、会社の広報関係など編集の仕事に携わっている方もおり、私のような現役引退組みらしい人は3人ぐらい。

終了時に宿題が出ました!


館内のチューリップ

教わったことを活かし、ピクチャーコントロールを使い分けてより自分のイメージに近い被写体を作り上げ、次回は作品の写真1枚持参して下さい」。

1回目の内容は、


前庭に河津桜が咲いていました

カメラには、[スタンダード][フラット][ニュートラル][ビビッド][モノクローム][ポートレート][風景]の7種類のピクチャーコントロールが搭載されている。

モノクロとフラットを除いて、他の5種類をよく理解したうえで、

こんな風に撮りたい」というはっきりとした表現意図を持ち、それに近いピクチャーコントロールを選び、さらに微調整を加え、自分のイメージどおりに仕上げていく。

一通り説明をいただいた後、

昨日はそのあたりを、

テーブル上の造花などを被写体にして、5種類のピクチャーコントロールを順番に使い写真を撮り、違いを体感しました。

  

明るさは露出を変え、色味はホワイトバランスを変え、写真の雰囲気(やわらかい、質感がある、優しい、強いとかの印象など)はピクチャーコントロールを変えて実現する。

被写体自身の特性に加え、現場環境にあわせ、自分の好みになるようカメラ本体の中で各設定を行い仕上げる!

これが本筋!

撮った写真を編集ソフトでいじるのは2の次で、いわば保険と考えて下さい!

編集ソフトは使用するほど、画像が劣化する方向にむかいますとのこと。

ピクチャーコントロールを変えるとこんなに写真の雰囲気が変わるんだ、ということは実感できました。

雰囲気よく撮りたいけど、どのピクチャーコントロールを選べばいいかわからない?

たとえば「ニュートラル」から入り、輪郭強調、コントラスト、明るさ、色の濃さ、色合いなどを微調整していくなど。

数をこなして、どういうものか解かっていって、自分の好きな写真の作り方を見出していく!

まだ使いなれていませんが、今日は、花の美術館に出かけ、教わったことを試してみました。 


前庭のクリスマスローズ

講座の内容は、ニコンのホームページピクチャーコントロールシステムに掲載されています。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/marujyog-2/e/4ddb426a5ae1af182e0265855f68043b