大判カメラについて

オランダのCAMBO製”SC-2N”、150mmレンズ、シートフィルムホルダー、レリーズ、等大判カメラに必要なものが一式アルミケースに入っているカメラ屋のオリジナルセット品(10万円ぐらいのもの?)が実家に保管されています。

“ニッコールMシリーズ300mmF9″を追加購入していまが、撮影の際のコストがブローニー版以上にかかるのでほとんど出番はありません。

これらをを買った時にはこれほどまではやくデジタル化が進むとは思っていませんでした。

フジフィルムの”クイックロードタイプ”のシートフィルムも既に販売終了です。

デジタル一眼カメラで使えそうなものはありません。
ライブビューの際に”かぶり布”を使う事で直射日光を避けられるというぐらいでしょうか・・・


Manufacturer of high quality architectural and repro cameras, techcam, studio stands and studio/video accessories – based in Kampen, The Netherlands – Cambo
https://www.cambo.com/en/


カットフィルム クイックロードタイプおよび クイックロードホルダー 販売終了のご案内
http://fujifilm.jp/information/articlead_0158.html

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/teccho/e/a6e8d67546469b50e94f3451548909cd