妖精さんのプレゼント?

えーっと、おとといの金曜日、会社帰りにちょっと気を失っていたらしく (汗) 、家に帰って気がついたら目の前にこんな物が・・・。

あ~、えっと・・・、妖精さんからの贈り物かな?(滝汗)
その割にもらったばかりのボーナスがなんか減っている気がするが・・・。(涙)

本体はこんな感じ。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED を付けてみた。

D7200 との比較。

反対側から。
D7200 より一回り小さい感じ。
重量もちょっと軽いかな。

グリップは D7200 より深く、握りやすくなっている。
操作系は、多少の違いはある物の、そこはいつもの Nikon 、ほぼ迷うことは無く扱える。
チルト液晶パネルは便利かも。

シャッター音は D7200 より D750 に近い感じ。
D7200 よりちょっと硬質で大きめの音がする。
これはこれで嫌いでは無いけど、D7200 の方が優しい感じの音で好きかな。

質感自体は D7200 とそう大差は無いが、細かく見ていくとあちこちにコストダウンの跡が見える。
機能を絞って、省ける所を省いて価格を抑えた感じかな。
D7200 は、機能を付けるだけ付けましたって感じは有ったから、これはこれで良いと思うんだけど、気になっている点が2点ほど・・・。

ひとつは、ストラップの取り付け部が三角環じゃなくなったこと。
う~ん、無駄なこだわりかもしれないけど、ここはこだわって欲しかったなぁ。

もうひとつは、メディアがシングルスロットになったこと。
メディアのトラブルで撮れなくなることが有ったりするから、ここはダブルスロットにして欲しかっなぁ。
まあ、予備のメディアを持っておけば良いんだろうけど、光の状態って刻一刻と変化していくから、メディア交換に手間をとられている間に撮影チャンスを逃したくないもんね。

で、とりあえずファーストショット。
D7200 を撮ってみて、等倍で画像のチェック。
ドット落ちや、黒点が無いことを確認。
Nikon のカメラでは経験が無いけど、OLYMPUS の E-P1 はドット落ち (撮像素子の不良だった。) で交換になったことが有るから、この確認は重要。

D7200 を手放さなかったのはちょっと不安があったから。
撮像素子や RGB センサーは D500 と同じ、フォーカスユニットは D750 と同じなのでその辺は大丈夫だと思うんだけど、D7200 の出来が良かっただけに、何となく不安なんだよね。

と言うことで、日曜日には写真を撮りに行ってみようかな。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ncc-1701_a/e/0181b6f08136cf11053ac03f8101a316