銀塩カメラの思い出(その12:Pentax Z-1p)

“Pentax Z-1p”はボディーのみで購入しています。

購入後、暫くしてにモードダイヤルに不具合が出てサービスセンターに持ち込んで修理してもらっています。
その際にカメラバックもカメラケースも使わずに持ち込んだので”カメラを運搬の際はケースなど入れた方がよろしいですよ”と係りの人に忠告いただきました。

“Z-20p”の”p”はパノラマ途中切り替え機能が付加されたマイナーチェンジ版という事になりますが、
“Z-1″から”Z-1p”での変更は連写速度の向上(毎秒3コマから4コマ)等かなりハードウェア的にも向上しています。

グリップストラップFDを装着しペンタックス純正のクイックシューに装着可能になります。(底面にクイックシューの金具部分あり)

10年ぐらい前につかった際に、フィルムの巻き上げに問題発生し、36枚撮りのフィルムを入れていたはずなのに40枚以上シャッターが切れてしまうという事になりました。それ以外には問題発生していないはずです。
但し、それ以降に使ったという記憶も殆どありません。


 “Pentax Z-1p”の取扱説明書が以下のWebサイトからダウンロード可能です

使用説明書 / ダウンロード / サポート | RICOH IMAGING
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/manual/

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/teccho/e/5c4ccb950b3299cc2f6568834df5c18e