CANON EF-S 35mm F2.8 Macro IS STM

戯休「今日はキヤノンのレンズ『EF-S 35mm F2.8 Macro IS STM』のお話をしましょう。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・型番からして・・・・・マクロレンズ、か・・・。」
戯休「いえす。 ああ、めっさ欲しいわぁ、マクロレンズ・・・・。」
女王「ですが、同じく型番からしてEF-Sということは・・・。」
戯休「そう、俺には使えない・・・。 こいつぁガッデムの一言だぜ・・!」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・その割に・・・・取り上げるな・・・?」
戯休「そらもう。 特徴として、何と言ってもLEDライト内蔵が挙げられるわけで、これがどうにも羨ましい。」
女王「以前にも同様のレンズを取り上げましたね。」
戯休「EF-Mのね。 あれも良かった・・・。 あれの為にEOS Mシリーズを買う人も居たんじゃないかと思うくらいにときめいたものさぁ。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やはり・・・・効果は・・・・あるものか・・・・。」
戯休「単独のマクロ用ライトにはそりゃ劣るだろうけど、無い事と比べれば相当助かると思うよ。」
女王「荷物が増えないのも利点でしょうね。 少しでも減らしたいのが人情ですし。」
戯休「今でも虎視眈々とM5を狙ってる俺からすれば、EF-Mのそれは毎度考慮に値する素敵レンズだったわけだ。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そして・・・EF-Sで・・・・登場か・・・・。」
戯休「勿論冒頭で言った通りに羨ましいけど・・・その反面、これからどうして行くのか判断に迷う部分も出てきたっすわ・・・。」
女王「どうして行くって・・・メーカーが、でしょうか。」
戯休「正直、気軽かつ本格的にも使う為のEF-Mレンズって事でああいうのが出たと思ってたんだけどね。 EF-Sでも出たとなると・・・。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・EFでも・・・・出るかもしれないと・・・言うことか・・・?」
戯休「どうなんだろうねぇ・・・・。 流石にEFレンズでそういう照明が欲しい人はライトを買えというスタンスな気もするし・・・。」
女王「本当にそうであれば、EF-Sでは出さない可能性だって考えられます。」
戯休「だけど、Kiss勢の方々のためのレンズかもしれないし・・・。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・EF-Sとは・・・・存外・・・客層が・・・・読み難いな・・・・・。」
戯休「そうなんだよ・・。 初心者の方からガチ勢まで、分布的にはきっとキヤノンの各種マウントでは一番幅広いのだぜ・・・?」
女王「それだけ主流を担っているわけですし、その意味では新たなレパートリーとして人気のタイプを追加しただけの話の気もします。」
戯休「でも、EFでこういうのが万が一出たらと思うと・・・おお、恐ろしい恐ろしい・・・・。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しかし・・・・そこまで・・・・マクロが・・・欲しかったとは・・・・。」
戯休「一昨年の秋の撮影以降、意欲はあったさ。 ただ、標準レンズ優先という理性も働いてたし、M5も出たりで、物欲の睨み合いが続いてたんだよ・・・。」
女王「最近は別の点で貯めたいこともありますし、益々動き難いですしね。」
戯休「仮に後継機が出るにしても、変わるのが明るさやら重さやらなら兎も角、こういった機能系の変更だとダメージ大きいしねぇ・・・。 ああ、悩ましい悩ましい・・・。」
法師「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通に・・・・・楽しそうだな・・・・。」
戯休「悩んでる内が一番面白いのは、買った瞬間にそれは現実となってしまうからであって、妄想はいつだって蜜の味なのさぁ!!」
女王「判るような判らないような・・・?」<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gikyusan/e/493fe1b68f7746a50167b07b47bb492a