キングジム トレネ

戯休「実は昨日、仕事の帰りに本屋に寄るついでに、同じセンター内にあるノジマ見てきたんだよね。」
君主「仕事帰りに寄り道というのは珍しいですね。」
戯休「コンビニくらいじゃよくあるけど、そういう店はね。 まぁTVでも見てみようかと。」
執事「何だかんだで相当関心があるみたいですのぅ?」
戯休「そういう話題も最近少なかったしね・・・。 ただ、機種とかそういうのじゃなくて、各種サービスを確かめようと思ってね。」
君主「昨日も話に出ていた、設置料やら引取料やら、ですね。」
戯休「そういうのは店頭が一番確認し易いだろうし。 だけど・・・・全然書いてなかったよ・・・・。」
執事「それはまた意外な結果ですなぁ。 一番のアピールポイントでしょうに。」
戯休「猫も杓子も、ネット申し込み割引ばかりだったよ・・・。」
君主「可能であるなら、最も割引が望めるジャンルですしね。 今の世の中、どれほど見込めるかは判りませんが・・。」
戯休「でも・・・スマホで済ますから、通常のネット回線なんて解約してる人が多いとすれば・・・もしかしたら、まだまだニーズはあるのかな・・?」
執事「ここでもスマホですか・・。 恐ろしい話ですのぅ・・・。」
戯休「この前話題になってたが・・・・iPhoneを携帯と呼ぶのは、ゲーム機全般をファミコンと呼ぶオカンと一緒と思われてるらしいぜ・・?」
君主「いや、それ・・・何か違いませんか?」
執事「それを言うなら、ファミコンをゲーム機と呼ぶのと一緒・・・ではありませんかのぅ?」
戯休「今の御時世、若い人にとってはiPhoneは絶対正義にして官軍、十字軍なんだよ・・・。」
君主「そういえば主殿、そういう風潮にはいつも駆逐される側ですよね。」
戯休「結果的にね・・・。 別に反骨心発揮してるわけじゃないんだけどなぁ・・。」



戯休「今日はキングジムのモニタリングアラーム『トレネ』のお話をしましょう。 現在、クラウドファンディング受付中。」
執事「ふむぅ・・。 そもそもモニタリングアラームというのはどういう役目をするんですかの?」
戯休「時間とかではなく、状況に変化があった場合に作動するアラーム、だね。」
君主「すると、その状況がどういうものかで評価も分かれるところですね。」
戯休「公共の場で席を離れる際、荷物の上にこれを置いておけば、動かされ振動が与えられた場合に光って唸り、輝き叫ぶシャイニングな状態になるという代物さぁ。」
執事「もしかしてその文言を言うために取り上げたとかではないでしょうな・・?」
戯休「馬鹿をお言いでないよ。 そこはほら、上京時にはぼっちなウィンドウショッピングライフを満喫してる俺にとって、とても魅力に感じるアイテムなわけですよ。」
君主「言ってて寂しくないですか?」
戯休「・・・事実だからしょうがない。 でも実際困るんだよ。 荷物があるのに便所に行きたい時とかさ。 そこで何もせずに席を空けるほど、世の中の人々を信じていない。」
執事「そこは普通の感性かと思いますぞ。 しかし、動作を止める際に自分で鳴らしてしまいそうですなぁ。」
戯休「Bluetoothでスマホと連携して、離れると自然に動作する仕組みだそうで。 戻ると警戒は解除される。」
君主「成程・・・。 そうであれば、意識することもなく使えそうですね。」
戯休「ただ、その接続・切断がBluetoothの接続距離に準ずる場合、トイレ等が近くにあって接続が切れなかったらどうなるのかという心配はあるけど。」
執事「盗まれて、距離が開いた後に動作されても、手遅れな場合が考えられますしなぁ。」
戯休「振動を感知する感度や音量の調整は出来るそうだけど、その辺はどうなのか気になるね・・・。」
君主「離れていたところから帰ってきたとして、その時ペアリングがもたつけば鳴ったりするかもしれません。」
戯休「一人ではなく二人以上居て、同時に席を立つ用事があるからと仕掛けて、戻ってきた際に時間差でうっかり・・ということもあるかもしれない。」
執事「重箱の隅をつつくような懸念ではありますがなぁ。」
戯休「ま、そういう場合があるって心掛けとけばどうにでもなるでしょうよ。 ちなみに価格は通常で税込7344円。 今ならクラウドファンディングで税込5140円。」
君主「これだと思った人は、今予約するのがお得ですね。」
戯休「俺も欲しいと思うけど、今は様子見かな・・・。 でも、便所に持ち込めない撮影器具一式とかもあるだろうし、本当は本気で考えたほうが良いんだろうなぁ・・。」
<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gikyusan/e/2396c6454b4e64024c1f7787edd37c6b