チャイナキットの弱点諸々。

Transistor Testor 2016 ATMEGA328P キットを幾つか製作してきたため、チャイナキットの傾向が判ってきました。
箇条書きで弱点をまとめました。

1.部品の過不足は日常茶飯事
 日本のキットのように部品がキッチリ揃っていることは稀です!とにかく過不足は付き物だと思ってください。特に3.3kΩと33kΩの抵抗が間違えられやすい傾向にあります。
※抵抗の色コードが似ているから仕方ないかもしれませんが。
 現在その件でAli-Expressへ[OPEN Dispute]していますので、何らかの動きはあると思います。
 キット4セット中2セットやられました…対応がわかれば手は打てます。それ以前に自前の部品を揃えて何食わぬ状態にしておくことも必要ですが。
2.発注から到着までが遅い
 チャイナポスト(中国郵政)の仕事が遅いのか?到着まで2週間以上待たされることもしばしばです。Ali-Expressで発注したものの中には1ヶ月以上待たされたものもある始末(爆)
 待てない方はアマゾンなど時間の掛からないネットショップで買い物したほうがいいです!
3.基本対応は英語で
 評価などをするときに日本語は使えませんでした(エラーメッセージを返される)。
 返金対応をする際も日本語や中国語でなく英語で対応しなければなりませんので、語学に自信のない方は英語に堪能な友人に文面を見てもらいながら対応しましょう…かくいう自分も過去習った英語で何とかしているところです。

とりあえず気づいたのは以上ですが、今後何らかの変化があれば続編を書きます。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/hirataz4/e/be0f0d8774c296cce7e416a86c35f0b4