ドコモの「スグ電」が音声による終話に対応 将来的には“方言”にも対応へ

 

ITmedia Mobile 5/24(水) 11:35配信

 

 ドコモの「スグ電」が音声による終話に対応 将来的には“方言”にも対応へ

スグ電の概要

 NTTドコモは、Androidスマートフォンに搭載しているタップレス通話補助機能「スグ電」において、2017年夏モデルから音声による自動終話機能を追加する。スグ電では、従来は「通話中に画面を下向きに置く」「通話中にスマホを振る」といった動作による終話機能を実装していた。音声による自動終話機能は、スグ電が目指す「無意識の快適操作」を追究すべく新たに実装されたものだ。音声による自動終話は、以下の手順で作動するようになっている。 音声による自動終話は、以下の手順で作動するようになっている。

1.スマホを耳から離す

2.耳を離す5秒前にユーザーが発した言葉を解析する

3.そこに「終話の合図」が含まれていたら電話を切る

 機能のリリース段階では、「じゃあね」「バイバイ」「失礼します」の3ワードが終話の合図として実装される。終話の合図は追加することも可能で、各地方の「じゃあね」に相当する方言にもアプリの更新時に対応する予定だ。

お面白いアイデアですね。 

大阪弁でしたら、「ほな、さいなら」ですか。

 

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/t3181happy727/e/1285960b018ef78203e8b3762941c968