奇跡の時

昨年11月、当時使っていたiPhone6が原因もよくわからないまま電源が入らない状態となり、
あれこれ試してはみたものの、工場からの出荷の状態にするかどうか迫られ、
写真のデータでまだMacの方へ取り出していないもののいくつかあったため、そこに踏み切ることが
できず、結果、iphone6はお釈迦になったものとし、7へと移行した。

ただ、6はそのままの状態で手元にあり、どうにかならないものかとも思っていた。

あれから半年くらい経過して、さすがに当時何を撮影したのかもろくに覚えておらず、
また無くて困ることもなければ、あれはあくまで、「その時」を切り取ったものが
撮影されているに過ぎず、それは残念であるにしろ、その後1ヶ月後に改めて似たような
写真を撮りまくっていることもあり、ある意味「大丈夫」なのかなと判断した。

ということで、なんとなくではあるが、ネットで「iPhoneの電源を入れるもリンゴマークから
先に進まない」と検索してみたら、それとなく対処方法も出てきたので、やってみた。

思い切って出荷時の状態に戻す手順を踏むと、iPhone6が生き返った。
しかも画像データはそのままで。

やったぁ〜

嬉しい誤算に早速、画像データを取り出した。
(最大の目的は果たせた。)

さて、このiPhone6どうしようか?
せっかくなのでiPod touchのようにWi-Fiだけで使うようにすればいいのかなと思ったが、
設定でWi-Fiにタップしても切り替わらない状態だったことを思い出した。
その症状に関しては変わっていなかった。

「iPhoneを再起動してみるか」

するとまた厄介なこととなり、iPhone6は使えない状態に陥った。
束の間の復活だったが、画像を救出できたことは良かった。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/gekikara-kimuchinabe/e/d047c38ab3b124abbc3c384c2c945e0b