FREETEL FTJ162E (RAIJIN) 入手

以前からFOMAカードで使っていたスマホ FREETEL Priori2 の受話音が割れてきたので、新しいスマホに買い替えようと物色していました。
思えば2015年の1月からなので、約2年になります。 安くて華奢な造りなのに、よく頑張ってくれました。

さて次のスマホを考えた時に、東京オリンピックの頃までは3G回線は健在との噂もあります。 それではFOMAカードも使えて、もちろんLTEにも対応した端末がベストです。
ありましたね・・・・・。
DSDS(デュアル・シム・デュアル・スタンバイ)と言う機能を持った端末達を比較したサイトも参考にしながら、FREETELつながりでRAIJINを選択しました。
FREETELのサイトのFAQで、「RAIJINでFOMAカードは使えますか?」の問いに対して「はい、使えます。」と回答されています。
FOMAカードが使えると言うところが決めてです。 既にmicroSIMにしてあるので、そのまま使えるはずです。

色は、シルバーにしました。 到着してすぐに開封!! 1番上の画像のような、密閉度の高い箱に梱包されています。 FOMAカードをセットして電源ON!!

・・・・・あれ? アンテナピクト、立たないぞ? FOMAカード、使えるんやろ?? ・・・何がイカンのか?? 頼むよ、3万円だぞ!! 「やっぱり、FOMAカードは使えませんでした」じゃ済まんぞ!!!

状態としては、SIMを認識して電話番号まで確認できるのにアンテナピクトが立たない。 当然発信できない。 色々調べました。 3万円かかってるし・・・・。(汗)

こういう時は、2ちゃんねるの先人たちの知恵を借りるのが1番。 こことかここの185と193とかを参考に考えると、どうもFOMAカード1枚挿しでは使えないと言う事らしい。 FREETELのFAQの図でも、SIM2枚挿しだったな・・・。
そうか、じゃあnanoSIMのフォルダにデータ通信用を入れればいいんだな。

データ通信用のSIMには、もしこの判断が間違っていてもいいように期間限定のSIMを使いました。(← そう、臆病者です(笑))

ポチった翌々日に到着。 早速ネットで手続きを終わらせて、SIM2枚挿しで挿入!!

電源を入れて暫くすると、SIMを認識してアンテナピクトが2つとも立ちました!! OK!! よかった・・・・。 (涙) 一時は、どうなるかと思ったよ。
しかし、2ちゃんねるの人たちはよく知ってるなぁ。 つくづく感心します。

暫く使ってみて、レビューはまた今度にします。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/aopen000/e/39022fa14e72640c16266e00882a5727