iPhone SE(AEON sim)でezwebメールにアクセス

ezwebメールは、au携帯電話、auスマートフォンからだけでなく、インターネットからPCや他社スマートフォンでアクセスが出来るようだ。下記のような接続イメージだ。

接続用のアカウント名やパスワードは、SMSで取得が出来るらしい。記載されているように携帯電話のCメールで本文「1234」で「#5000」宛に送信したが、レスポンスが得られなかった。下記のサイトの情報を確認してみた。
@ezweb.ne.jp宛のメールをパソコンで受信する方法
普通のIMAPメールとしてezwebメールをPCで使う方法
ezweb.ne.jp なメール
auのezweb.ne.jpな電子メールアドレスをmewから使う

メール設定情報は、キャリアネットワーク内にあるhttpサーバのリクエストページから要求するとCメールなどのSMSメールで通知される場合、iPhone用メール設定リンクから「構成ファイル」としてダウンロードとインストールを実施する場合があるようだ。また、メール設定情報は、iPhone(au sim)上のSafariからの接続かどうか確認され、ダウンロードページのリンクが表示されるようだ。この方式は、auだけでなくDoCoMoやSoftBankでも同じだ。

メール設定情報を取得するのにiPhone(au sim)のtethering

で取得する記載があるが、WiFi接続がチェックされ(Bluetoothは確認していない)、リンク情報が表示されない場合がある。このような場合は、USBライトニングケーブルでPCをtetheringする必要がある。
au携帯電話機の場合は、モデム接続でau.NETのPacketWIN接続する。

auのネットワークに接続後、ブラウザの「user agent」を下記のようにiPhone Safariと同等にしてiPhone用メール設定情報のSMSメール通知要求リンクや「構成ファイル」ダウンロードとインストールリンクを選択する。「構成ファイル」は、保存(username-ezweb.mobileconfig)することでファイルとして得られる。

MacのOSXでは、Safariの「環境設定」「詳細」ページで「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れ、「開発」「ユーザエージェント」で「Safari-iOS10.3-iPhone」を設定する。
InternetExplorerでは、「ツール」「F12開発者ツール」「エミュレーション」で「ユーザエージェント文字列」を「Apple Safari(iPad)」か「カスタム」「Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A403 Safari/602.1」などとする。

メール設定情報リンクから保存した「構成ファイル」がこれ
「username」は、実メールアドレスのユーザパート
「USERACCOUNT」「USERPASSWORD」は、アクセス毎(この構成ファイルをダウンロードする毎)に新しい値が設定される

メールサーバ(受信): IncommingMailServerHostName=imap.ezweb.ne.jp:993 (IMAP4 over SSL)
メールサーバ(送信): OutgoingMailServerHostName=smtp.ezweb.ne.jp:587 (Submission startTLS)
送受信のアカウント認証: CRAMMD5

このファイルを保管する場合、記載された「USERACCOUNT」や「USERPASSWORD」の漏洩に注意が必要だ。暗号化して保管するのが良い方法だと思う。Appleの「iPhone構成ユーティリティ」では、暗号化して配布する選択肢が用意されている。
3キャリアが暗号化せずに配布しているのは、上記のような取得を前提にしておらず、各キャリアの専用ネットワーク内にあるサーバに直接接続できる「iPhone」にOTA(Over-The-Air)で直接インストールされる事を前提(保存される事を前提としていない)にしているからだ。「iPhone構成ユーティリティ」の配布が停止されたため、「構成ファイルの暗号化」をアプリで行う事が困難となっている(暗号化ついてもメモしておく予定)。

取得した「username-ezweb.mobileconfig」をメール添付でiPhoneSEへ送り、添付ファイルをタップしてインストールを行う。au以外のsimでアクティベートされたiPhoneから容易にezwebメールを扱う事ができるようになる。
ちなみに、sim free iPhoneのキャリアメール相当は、「iCloud」メールが良い。再インストール時も、「iCloud」アカウントにログインすると同時にこのメールが使えるようになるからだ。また、3キャリアのキャリアメールに比較し、sim契約を代えても契約を廃止しても「iCloud」のメールアカウントは、廃止されない

au携帯電話のPacketWinによる「username-ezweb.mobileconfig」ファイルの取得には、多額のパケット通信料がかかってしまった。PacketWIN使用月の月額料金が¥500円。1パケット0.1円。たいした金額にならないつもりであったが、保守サポートページの目的のページへ行きつくために複数ページのアクセスが必要なこと。各ページは、リッチな粧で画像が沢山張り付いている。結果、最小限のリンクを辿っても、71,062パケットの使用となり、トータル¥7,050円が請求される事となってしまった。さっさと解約料を払った方が安かったと。。。。。
アクススしたページのスクリーンキャプチャがあったのだが、保管していたPCのクラッシュで消滅した。

2016年7月頃から1年ちょっとau 3G携帯電話機のキャリアメール@ezweb.ne.jpをiPhoneSE+AEON simで使用してきた。
無事、メールアドレスの変更通知、アドレス帳の変換(kddiがツールを提供している)、iPhone操作の習熟も済み、2017年10月2日「さようならau by KDDI」となりました。

—- iPhone6SでUSB tethering + MacBook pro + Safari でドコモのiPhoneメール設定用構成ファイルのダウンロードリンクページへのアクセス例がこれ
iPhone tethering設定

DoCoMo保守サポートページにあるiPhoneキャリアメール用構成ファイルのダウンロードリンクページ
Macbook proのSafariでuser agentをiPhoneとしてアクセスしている

この「構成ファイル」には、メール設定以外にWebリンクをホーム画面に貼り付けるための情報が多数含まれている。
不要なWebリンクは、エディターで編集削除し、使用している。
<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/rabbit5151/e/e762e49314c28a531330bc2f4c919dc2