“IT-G400(カシオ計算機)”とは

カシオ計算機が今年の6月に発売予定のハンディターミナルで、米GoogleのOS「Android6.0」を搭載するとともにGoogle MapsやGmailなど当社の各種サービスを利用できるようです。

従来の用途であったバーコードや2次元コードの読み取りによる検品などに加え、地図の検索やメールの送受信も可能とのことです。訪問先を地図で調べたり、業務の報告をメールで送信したりできます。

また、「様々な現場に対応できる耐落下性能や見やすい大画面を搭載」といったフレーズもつけられています。高さ1.5mから落としても壊れることがなく、液晶画面のサイズは5型と大き目になっています。

無線LANを搭載しないモデル(IT-G400-C21M)と搭載するモデル(IT-G400-WC21M)の2機種が発売されます。

オープン価格ですが、無線LAN搭載モデルで15万円前後(税抜)と想定されています。

ニュースリリース(2017.2.2)のサイトは、http://www.casio.co.jp/release/2017/0202_it-g400/です。

 

 

 

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/blspruce/e/d866704dc0f3a1ee41197cf8405de6a3