Lightningケーブルと断線

アナログ親父のデジタル奮闘玉砕記。

よせばいいのに無料アプリは400個位DLしており、外出時に多分不必要な複数のアプリが動いているせいか、外出先での充電が必要で、セロテープ補強のLightningケーブルは断線寸前。
断線しにくいケーブルがいろいろ発売されているが、今回はL字型を調達してみる。 

今Samsungのスマホの発火事故が話題にのぼっているが、ケーブル断線による発火事故も、純正非純正にかかわらず結構発生しているようだ。
Android端末でも、ケーブルを上下逆さまに無理くり接続するなどして、こちらでも発火事故が発生している。

軽量化により、薄く細く軽く小さくという利便性と引き換えに、強度やミスの誘発という新たな問題が出現しているというわけである。
ハイテク化による利便性の追求がますますエスカレートする中、何処をどう改善していくのが一番いい方法なのか、大げさに言えば人類の今後の生き方の姿勢にかかわる問題だといえる。


<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/farmertt/e/885578bc67730495eb00233d15b59261