“MU-MIMO”とは

Multiple User -Multiple Input Multiple Outputを略したものです。

無線LANの規格で、最初の頃のIEEE802.11a/b/gなどはAPと端末とが1本のアンテナで通信をしていました。このタイプは、SISO(Single Input Single Output)と呼ばれます。

その後、802.11nの規格で新たに複数のアンテナを使って通信を行う方式が導入されました。この場合、APと通信する端末が複数存在する場合には、時分割的に端末を切り替えてAPと通信するようになっています。このタイプが、単にMIMO(Multiple Input Multiple Output)あるいはSU-MIMO(Single User -Multiple Input Multiple Output)とも呼ばれています。

そして、今回のキーワードであるMU-MIMOと呼ばれるタイプは、互いに干渉しない(高度な指向性を備えた)複数の信号波を用いることにより、複数の端末と同時に通信を行えるようにしたものです。但し、AP側のアンテナ数を複数の端末に分けて同時通信しますので、端末側の通信速度はAP側の合計速度よりも低くなります。

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/blspruce/e/0483022dbb097577bb7e4e4f083e066b