SB iPhone5からiPhone SEへ(sim下駄評価)

事の起こりは、Au携帯が2台とも圏外で接続出来ない事態だった。
2015年3月22日(日曜日)母の状態が悪く、緊急連絡待機の状態だったが、KDDIは、月曜日の対応とのたまう。。。2日後に母が旅立つ。
直線距離300m位の所に基地局があるが「圏外」。「電話」は不可。「メール」受信通知無し。「メール」取得処理を行うと取得可能。車で移動し、他の「基地局」へ接続させると正常。
KDDIサービスは、必ず「手順」に沿って、電話機の再起動から指示し、過去事例(何度も同様な状態が発生している。基地局の設備を再起動すると復帰する)を説明しても、対応処理は、稼働日以外応じない(土曜日曜祭日中は「圏外」のまま)。
2015年10月1台の携帯をiPhone6s(DoCoMo)にMNP。2016年4月iPhone6sをSIM free化。
この期間何度か「圏外」発生したがDoCoMoに助けられた。もう一台の携帯は、2年縛りの契約が2017年10月まであるので、その1年間で「電子メール」移行と「スマートフォン」習熟期間としてもらった。
2台目の携帯を余っていたiPhone5(SoftBank)とAEON SIM(音声+2GBで1年間¥980円/月)とR-SIM10+で可能か検討した。
初期化直後のSB契約切れSIM入りSB iPhone5(model A1429)がこれ

R-SIM10+(¥695円)がこれ

AEON SIM(左)とSB SIM(右)SIMトレーにR-SIM10+を装着(下)

SIMトレーにR-SIM10+とAEON SIMを装着してSB iPhone5へ

キャリア: ソフトバンク/ネットワーク: NTT DOCOMO で接続。4Gでも接続。
(設定方法や「圏外病」対策は、Google検索で参照の事)

SB iPhone5 + R-SIM10plus + AEON simの問題点
(1)「圏外病」
(2) iMessage/FaceTimeアクティベーションが出来ない
(3) SMS発信が出来ない
(4) スタンバイ時の音声着信が出来ない
(1)は、4Gオフで3G専用で使用する事で安定利用が可能と思われる。(2)から(4)は、SMS発信が失敗するのでアクティベーションが出来ず、利用ができない。
AEON simをSB iPhone5+R-SIM10plusとiPhone6S SIM freeに設定し、電話で「*#5005*7672#」をダイアルし、SMS接続先設定を確認してみた。

R-SIM10plusの場合、中国のSMSサーバへ接続するよう設定されている。このままだと、SMS発信の度に「国際電話SMS」が発生し、1回あたり¥50円から¥500円が課金される。SMS発信は、R-SIM10plusが悪いのか、中国のSMSサーバが悪いのか、送信ができない。

AEON sim + R-SIM10plusで「**5005*7672*+81903101652#」としてDoCoMoのSMSサーバを指定してみるが、設定できない。
これでは、素人に使わせる事ができない。
中国SMSサーバでの情報搾取の可能性も否定できない。
国際電話SMS課金もきになる。
SB iPhone5をAppleで下取り(¥6,600-円)、iPhoneSE 64GB(¥59,800-)を¥53,200-で調達する事とした。

次に、携帯電話で利用しているAu(Kddi)のezwebメールを1年ほどiPhone SEでも処理する方法を検討する。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/rabbit5151/e/b12d353392049c4d30e9d048c452ec28