災害救助法によるドコモの通信制限撤廃と、大手リフォームメーカーの対応が素晴らしい件

台風19号で被災された皆様におかれましては

今も避難生活で不便を強いられていたり

復興に向けて動き出したりと様々かと思われます

ここに心より被災のお見舞いと復興の応援を申し上げると共に

当方は家族、そして婚約者共に無事であることを報告させていただきます

ここより下は、いつもの無駄話に戻ります

作業の合間などに見て少しでも笑って貰えたら

僕としては嬉しいです

スマホで30GBという通信量は一般的には十分すぎると思う

ただ、僕のようなスマホ依存症には全く足らない通信量なのが現状

今はリフォームで家でのWi-Fiが使えないのも影響しているが

今日でもう27GBに迫ろうかという浪費っぷり

台風の時に結構フレッシュライブとかで

天気予報を見ていただけに

また月末10日くらいは1Mbpsの制限かー

なんてのを覚悟していたら

13日にドコモから今月は通信制限しないとの旨が発表された

災害救助法に基づいた措置で

災害救助法が適用された地域の人は

情報の収集や各種連絡などで通信を使う量が増えるだろうから

通信制限は設けないからどんどん使ってくれい!

というドコモからの協力措置だ

Wi-Fiの無い僕には本当にありがたいこと

遠慮無く使わせていただく所存です

大手3社はこの対応をとっているようだが

格安SIMはどうかというと対応は様々な様子

唯一持っているゼロシムは何も無し

mineoは支援タンクというギガを引き出せるタンクを

回数制限や残り1GB以下の通信量な時のみと条件はあるものの

必要に応じて使えたりする措置が取られている

その他は調べて無いので分からん

台風19号の災害で群馬県内も手痛い被害を受けた場所もあったが

運良く僕の住む場所は被害らしい被害は無かった

それでも普段流れがそこまで急で無い利根川は

水量はいつもの何十倍レベルで流れも飲まれたら助からないくらい急になっていたし

いつも使う橋の一つ南の橋は元々橋桁が低く水没する寸前のため通行止めだった

それでも何もなく今過ごせているのは

僕としてはすごくありがたいというものだ

リフォームの会社からも台風の過ぎた13日には担当の方からすぐ連絡が入り

身の安全は大丈夫かなどの心配をしてくれた

また午後には検査する部門の人が来てリフォーム中の家の外観を確認をしたりして

台風による被害などが無いか確認を行なっていた

やっぱり大手は対応が違うし早い

メーカーさんが災害時にどういうフォローアップをするか

完成前に見られたのはむしろラッキーかも知れない

話を聞けば職人の方も安全かどうかの確認をされて

無事ならこのサイトに無事を報告してくれという

確認のためのネットワークがあるというのだ

こんなことが無ければメーカーさんのフォローアップや

めーかーさんと職人さんの連携の話など

普段なら聞きもしないであろう裏話がたくさん聞けた

これも貴重な経験、今後もリフォームは今の会社に依頼するだろう

正直な話、依頼しているメーカーは値段が高い、これは言い切れる

でもその分対応や出来上がりが素晴らしいなら

文句は無いしお金を出した甲斐があるってものだ

今回は運良く無事で済んだが

これからはこんな台風が来やすくなるかもしれない

今までの経験があるからと油断せず

むしろおおげさなくらいの命を守る行動を心がけたいと思った次第

皆様、自然は甘く無いです

人に笑われてもいいので

おおげさな行動で命を守っていただきたい

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/ek9_type_r/archives/52309762.html