ATOK for Windowsで不要な自動学習をしないようにする

ATOK 2017 for Windowsを使用していますが、初期値では変換結果を自動学習する設定となっています。

ですがこの設定を有効にしておくと、不必要なな変換結果まで学習してしまう事があり、変換精度を下げてしまう場合があるために、当方は自動学習無効にして使っています。その設定方法を記載しておきます。

恐らく、ATOK 2018やATOK 2019でも同等の方法で設定可能と思います。

1)画面右下のIME部分を右クリックしATOKメニューを表示します。
1
2)メニュー内から辞書メンテナンスを選択し、更に辞書・学習設定をクリックします。
2
3)学習の下にある「詳細設定」をクリックします。
3
4)「自動登録」と「AI学習」を”しない”にします。また”学習情報のクリア”も必要に応じて行います。
4
以上となります。この設定を行っておく事で単語登録を伴う自動学習は無効となります。正し、辞書の変換候補の選択順はしっかり学習しますので、使っていくとどんどん自分好みの使い安い辞書になっていくと思います。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://qeynos2525.blog.jp/archives/1075908882.html